ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

e-learningソフトウェアの紹介及び利用方法

コンピューターやネットワークを利用した学習システム

e-learning教材は主にCALL教室(131・732・833・834教室)で行われる授業で使用しますが、授業以外に自習利用できる教材が多くあり、自分の理解度とペースに合わせて学習を進めていくことができます。授業以外で学習する際は、情報処理演習室のコンピューターおよび貸出ノートパソコンで学習することができます。(一部の教材はヘッドホンが必要です。貸出ノートパソコンのヘッドホンは136室で貸出しています。)

また、「ALC NetAcademy2」は、学内だけでなく、学外からも利用できます。

皆さんもぜひe-learning教材を活用してスキルアップして下さい。

ALC NetAcademy2

ALC NetAcademy2は、TOEIC高得点を目指して個人で学習できるコンピューターソフトウェアです。スーパースタンダードコース、スタンダードコース(TOEIC® 200~800点層が対象)、PowerWordsコースプラス(英単語学習システム)、初中級コースプラス(TOEIC® 600点突破を目指す)の4つのコースがあります。

「スーパースタンダードコース」、「スタンダードコース」、「初中級コースプラス」には、TOEIC形式のリスニング・リーディング問題が豊富に用意されています。各ステップごとの診断テストや終了テストを経てスキルアップを図ります。

「PowerWordsコースプラス」は「標準語彙水準12000」に準拠しており、判定テストにより最適レベルから英単語学習を開始できます。クイズや選択問題などさまざまな出題形式により学習を進めることができ、苦手な単語が自動的に登録されて繰り返し出題されるなど、各自の理解度に合わせた効率的な単語学習が可能です。

Page top