ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年5月2日

「二条城桜まつり2017」が3月24日(金)から4月16日(日)にかけて元離宮二条城(京都市)で開催され、4月の土・日曜日、計6回、本学の学生35人が通訳ボランティアとして参加。夜間ライトアップに訪れた外国人観光客らに対し、英語・中国語でイベント案内を実施しました。「コンセプトは何ですか?」「見どころは何ですか?」との質問が多く、「能の演目にある、京都の桜を舞台にした物語をプロジェクションマッピングで表現しています」「咲きほこる桜のトンネルがお薦めです」と解説しました。英語版チラシを手作りして配るなど、語学力とホスピタリティ精神等、普段の学修成果を発揮。併せて異文化理解力を深めるための工夫も随所にみられました。

●関連リンク
「二条城の花見、外大生が通訳ボランティア」(Lmaga.jp)

前のページへ戻る

Page top