ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年12月11日

11月26日(火)、本学卒業生を招いた講演会「グロール時代のホテル・観光業・多文化-本学卒業生に聴く」を開催し、国際教養学科はじめ、グローバル観光学科、英米語学科などの学生約50人が参加しました。

国際教養学科では、創設10周年を記念したナショナルウィークの企画として、11月18日(月)に続き、2週連続でゲストを招いた講演会を実施。今回は、2015年度卒業生の山本明さん(星野リゾート)、末田愛さん(帝国ホテル)がゲストとして登壇し、それぞれの学生時代の経験や、現在のキャリアについて講演しました。

同じホテル業界で働くお二人は、ベンチャー企業と老舗企業という対照的な観点から、企業文化や、自身の担当業務などについて触れ、「自分がやりたいことを明確に、挑戦し続けていってほしい」と、メッセージを送りました。

また、後半のトークセッションでは、ホテル業におけるマルチタスクや分業のあり方、職場環境としてのフラットさと上下関係、休日や残業に関わる福利厚生などについてさらに話が及び、またグローバルな観光や多文化の観点からは、海外からの訪日客の食文化の違いなどについても興味深いお話を聞くことができ、学生たちはひたすらメモをとっていました。

参加学生は、卒業生が語る学生時代に役立った経験の話や社会人としての仕事への姿勢などを聞き、それぞれ自分の将来について考え、積極的にチャレンジしていこうと、思いを新たにしていました。

関連リンク
「国家の枠組み超えて」国際教養学科 創設10周年記念講演会を開催

前のページへ戻る

2015年度国際教養学科卒業生 山本明さん(星野リゾート)
2015年度国際教養学科卒業生 山本明さん(星野リゾート)

2015年度国際教養学科卒業生 末田愛さん(帝国ホテル)
2015年度国際教養学科卒業生 末田愛さん(帝国ホテル)

前のページへ戻る

Page top