ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年7月8日

森田嘉一理事長・総長は、今年3月、中国・上海で開催された「2019年第6回上海白玉蘭会」に出席しました。これは、上海市が社会的・経済的な文化交流に特に貢献した市内外の外国人の専門家や学者、企業経営者を称えるために設けた最高の賞「上海白玉蘭賞」受賞者の集まり。森田理事長・総長は、長年の日中友好の懸け橋として多大な教育的貢献が認められ、2008年に「白玉蘭記念賞」を、2017年には更に上位の「白玉蘭栄誉賞」を受賞しています。

今回の滞在中、森田理事長・総長は、上海市人民政府外事弁公室と上海市のメディア・東方網からの依頼でインタビュー取材を受けました。2019年5月発行『学園通信・ロゴス(Vol.59)』の特集記事から抜粋した「森田嘉一理事長・総長 中国・上海で祖父母、父母からの教育愛を語る」を紹介します。

前のページへ戻る

Page top