ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年4月3日

 4月1日(土)、森田記念講堂で2017年度(平成29年度)大学・短期大学入学式が行われ、新入生や来賓のほか、多数の保証人が出席しました。
 
 今年度は大学1,106人、短期大学154人、留学生73人が入学。松田武学長が英語で「人権や多様な文化が尊重される平和な世界を築くために、世界中の人々と繋がりを持ち、よき地球市民をめざしてください。そのためには、どのような姿勢で大学生活を送るか自らに問いかけ、自身のアイデンティティを確立してください」と述べ、学生生活のスタートを祝いました。
 
 新入生を代表し、英米語学科1年次の森田美華さんが登壇。「輝かしい本学の歴史と伝統を受け継ぎ、京都外国語大学の学生としてその責任を果たします」と宣誓しました。
 式典終了後、会場外では各クラブ・サークルが花道を作り、新入部員の勧誘を行いました。
 
 翌4月2日(日)には、7号館4階中ホールにて大学院入学式を挙行し、博士後期課程4人、同前期課程25人が入学。その後総長招待入学祝賀会が催されました。

前のページへ戻る

新入生や保証人、学校関係者で式場は満席
新入生や保証人、学校関係者で式場は満席

「初心を忘れず、情熱と気概を培ってほしい」と、森田嘉一理事長・総長祝辞
「初心を忘れず、情熱と気概を培ってほしい」と、森田嘉一理事長・総長祝辞

宣誓書を読み上げる森田さん
宣誓書を読み上げる森田さん

ユニフォームやお揃いのパーカーで部員勧誘
ユニフォームやお揃いのパーカーで部員勧誘

前のページへ戻る

Page top