ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年7月3日

 6月28日(木)、ハーバード大学のメアリー・ブリントン教授を招いた講演会「低下する日本の出生率」を1号館6階161教室で開催しました。国際教養学科ナショナルウィークの一環で開催された本イベントには国際教養学科をはじめ国際貢献学部生も参加しました。

 ブリントン教授は日本、アメリカ、スウェ-デン、スペインの4ヵ国で女性の働き方や家庭の役割が、1999年~2010年にかけてどう変化したのかをグラフで紹介。各国との違いが日本の出生率低下に関係するとの考えを示しました。コーディネート役を務めた根本宮美子教授は「このまま行けば、2055年には10人に4人が65歳以上になる。そのような時代に向けて各自が解決策を考える機会にしてほしい」と話しました。

前のページへ戻る

発表するブリントン教授
発表するブリントン教授

質疑応答の様子
質疑応答の様子

前のページへ戻る

Page top