ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年7月25日

ICOM京都大会2019開催記念 国際文化資料館第7回研究講座

国際シンポジウム 中米地域社会における博物館 part2



国際文化資料館では、9月1日~7日に開催されるICOM京都大会2019の翌日9月8日に第7回研究講座「国際シンポジウム『中米地域社会における博物館part2』」を開催します。

昨年来、ICOM京都大会2019開催を記念するさまざまな研究事業を展開してきました。今回の国際シンポジウムは、昨年10月6日に開催した「中米地域社会における博物館」の第2弾になります。

昨年のシンポジウムでは、コスタリカ、エルサルバドル、グァテマラから、国際文化資料館と友好交流関係にある博物館・大学の博物館関係者をお招きしました。今回は、1回目のシンポジウムで掘り興した研究課題である「連携」、「共有・共感の形成」、「住民主体」、「博物館専門家の育成」をさらに深めた研究発表と意見交換を行います。発表では、住民の合意形成、アイデンティティ、先住民文化の記録・保存、マーケティング、広報がキーワードです。

昨年参加いただいたコスタリカ、エルサルバドル、グァテマラに加えて、ニカラグア、ホンジュラスあわせた中米5カ国から若手の研究者に参加いただき、昨年の議論をさらに具体的に掘り下げたいと思います。また、発表者にはICOM京都大会にも参加して各国の博物館関係者と交流し、中米の博物館研究、博物館活動を広く世界に紹介するとともに、それぞれの国の博物館運営の一助になることを期待しています。

ICOM京都大会を契機として、本学が中米の博物館と世界の博物館の仲介者として積極的に活動することで、長く継続してきた本学と中米諸国の交流関係をさらに未来に発展させることができると確信しています。

こうした機会に本学の学芸員資格課程履修生だけではなく、広く学生が参加することによって、博物館を通した世界の平和に貢献できる人材の育成につなげていていきたいと思います。



【日 時】2019年9月8日(日)10:00〜17:00
【会 場】京都外国語大学R452 (4号館5階)
【プログラム】
10:00〜開会式 挨拶・司会:南博史先生(京都外国語大学国際文化資料館館長)

10:10-11:00
アナベラ・コロナド・ルイス先生(グアテマラ・デル・バジェ大学 文化遺産研究科長)
Dra. Anabella Coronado-Ruiz
Directora del Departamento de Estudios de Patrimonio
Universidad del Valle de Guatemala (UVG)

11:00-11:50
古手川博一先生(ホンジュラス国立自治大学社会科学部人類学科 教員)
Mtro. Hirokazu Kotegawa
Docente del Departamento de Antropología, Facultad de Ciencias Sociales
Universidad Nacional Autónoma de Honduras (UNAH)

11:50-12:40
ミリアム・メンデス先生(エルサルバドル文化省考古課 研究員)
Mtra. Miriam Méndez
Arqueóloga, Dirección de Arqueología, Ministerio de Cultura

12:40-14:00 お昼休憩

14:00-14:50
ハビエラ・ペレス先生(ニカラグア国立博物館 館長)
Licda. Javiera Pérez Guerra
Directora del Museo Nacional de Nicaragua “Diocleciano Chaves”, Instituto Nicaragüense de Cultura (INC)

14:40-15:40
リズ・ロハス・ロドリゲス先生(コスタリカ保険公社ヒスイ博物館 学芸員)
Licda. Liz Rojas Rodríguez
Museógrafa, Museo del Jade y de la Cultura Precolombina, Instituto Nacional de Seguros (INS)

15:40-15:50 休憩
15:50-16:50 討論(コメンテーター未定)
17:00- 閉会式

【主 催】京都外国語大学国際文化資料館
【協 力】京都外国語大学国際言語平和研究所、博物館学芸員資格課程


※逐次通訳あり
※聴講無料
※要申込・先着50名様

<申込方法>
下記申込先まで、氏名・参加人数・連絡先をご連絡ください。

京都外国語大学 国際文化資料館
電 話 075-864-8741
メール umc@kufs.ac.jp

前のページへ戻る

Page top