ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2014年2月18日

京都外大オリジナルの読書運動「本の虫プロジェクト」による「学生創作コンテスト」の審査が行われ、入賞作品が決まりました。
この企画は学生に書いてもらった作品を1冊の本にまとめて丸善京都外大店で販売し、売り上げを学内の国際協力団体Books 4 Booksを通じて、途上国の子どもたちのために寄付するというものです。短編小説を中心に絵本、フォトエッセイ、ルポルタージュ、俳句・短歌集など多様なジャンルからあわせて25作品の応募があり、下記、学内6名の審査委員による投票・協議の結果、最優秀賞1作品、入選5作品、佳作4作品が決定いたしました。入選した、しなかったにかかわらず、どの作品も審査員の先生方の期待を良い意味で裏切るクオリティの高さをもち、外大生の可能性を再認識させる機会となりました。

ご入賞のみなさん、おめでとうございます!これから本の出版に向けてプロジェクトを進めていきます。

☆審査委員 (あいうえお順)
赤野 一郎氏(図書館長)、下村 秀則氏(副学長)、長者 善高氏(事務局長)、羽賀 正之氏(丸善外大店店長)、花本 知子氏(本の虫プロジェクト副代表)、森 愛里加氏(ドイツ語学科4年次生 本の虫マイスター)

前のページへ戻る

Page top