ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年8月1日

日 時:2017(平成29)年12月2 日(土)午後1時より

場 所:京都外国語大学7号館4階

主 催:京都外国語大学 上海教育国際交流協会

後 援:中華人民共和国駐大阪総領事館教育室
        毎日新聞京都支局 京都新聞


協 賛:京都商工会議所 日本国際貿易促進協会京都総局

出場資格:大学で中国語を履修している2、3回生で、次の①②③のいずれにも該当する者。

①出場者の中国語は、大学或いは高校の教育によって習得したものである。
②通算半年以上、中国に滞在もしくは留学の経験がない。
③両親のいずれもが中国語を母語としない。
 *なお、上記、出場資格に抵触すると主催者が判断した場合、当該参加学生の成績結果については、変更されることがある。

 **出場者は25 名程度。応募者が多数の場合は、中国語の原稿審査により、出場者の人数を、1校あたり上限3名とする。

演 題:随意。但し、未発表のものに限る。

申込方法申込用紙を、郵便にてお送り下さい。
    *本学指定の申込用紙を使用し、氏名・性別・年齢・大学名・学部・学科・学年・住所
     緊急連絡先(携帯電話・メールアドレス)・演題を記入する。
     氏名にはふりがなを必ずつけること。

申込締切日: 2017年11月4日(土)※当日消印有効

11月6日までにメールアドレスに申込み確認が届かない場合はご連絡ください。

原稿及び要約:所定の期日までに、メール〔添付ファイル〕でお送り下さい。
       送付先アドレス: t_ueya@kufs.ac.jp
      ①原稿(A4サイズ、文字は12ポイント。原稿の最初に表題・大学名・氏名を記入。
      中国語、5分以内に収まるもの。)
      ②要約(A4サイズ、文字は10.5ポイント。原稿の最初に表題・大学名・氏名を記入。
      日本語、400字以内。)

原稿及び要約の提出期限2017年11月18日(土)
 
審査委員:中国側2名 日本側3名

審査基準:原稿内容(持ち時間は5分以内)、表現力、発音、暗記力等により順位を決定する。
     ※原稿の内容は暗唱しておくこと。

賞品:京都外国語大学総長賞・中華人民共和国駐大阪総領事館教育室賞・京都商工会議所会頭賞・日本国際貿易促進協会京都総局賞・京都新聞社賞・京都外国語大学校友会上海支部賞

※大会参加者全員に参加賞を進呈する。

成績優秀者3名には、上海及びその近郊の研修旅行に招待する。日程は2018 年2月23日〜3月1日を予定している。往復の旅費(航空運賃)、上海滞在中の宿泊費、交通費、食事代は主催者側が負担する。但し、パスポートの申請料金、上海滞在中の個人的費用は各自の負担とする。京都外国語大学の教職員が1名同行する。

その他:弁論大会参加者の交通費を半額程度支給する。

問合せ先/申込み先 :
〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 京都外国語大学中国語学科
       第31回全日本学生中国語弁論大会 事務局
E-mail : t_ueya@kufs.ac.jp(大会係:植屋)
TEL : (075)322‐6183・6185・6186

参考:【公式YouTubeチャンネル】
第30回 「全日本学生中国語弁論大会」動画


前のページへ戻る

第31回 全日本学生中国語弁論大会
第31回 全日本学生中国語弁論大会

前のページへ戻る

Page top