ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2016年10月28日

Peachと学生が連携、学内初の「ピンクリボン活動」 

10月25日(火)、初の「ピンクスカイプロジェクト」が開催されました。アメリカで始まった乳がん防止の啓発活動に賛同した学生らが企画。ピンク色の千羽鶴を米・デルタ航空や闘病中の患者に贈るなどの活動を経て、今回、Peach Aviation株式会社の協力で、募金活動と講演会を実施しました。

募金活動は2限終了後、雨降る中スタート。17名の学生と、フーシアピンクの制服を着たPeach客室乗務員2名が3グループに分かれ、リブレやカフェタローで募金や未使用フェイスタオルの寄付を呼びかけました。「え、どんな活動?」「何をすればいいの?」など様々な反応に、「乳がんの正しい知識を持って、悲しむ人を減らしたい」と訴えました。集まった寄付金54,917円とタオル15枚は、NPO団体や病院に寄付され、抗がん剤治療の副作用で頭髪が抜けてしまった患者が使用する「タオル帽子」になります。

夕方、R171教室で「女性のライフキャリアとヘルスケア」をテーマに、Peach客室乗務員・八幡美奈子さんが1時間講演。「1日4回の離着陸」、「60kgのカートを引き食事を配る」など、ハードな業務内容と健康面のケア等をパワーポイントで紹介。参加者からは「乗務員に気軽に話しかけていい?」「Peachへの就職に向け、今から準備できることは?」といった質問が。八幡さんは「Peachは『人間愛を育む』会社。個性を磨けば、仕事も楽しくなります。皆さんも学生生活では、周りに左右されず自分を見つめなおし、大切に磨いてください」と語りかけました。質問した3年次女子学生は「アットホームなPeachで働きたい気持ちが強くなりました。今から個性を磨きます!」と目を輝かせていました。

前のページへ戻る

休憩中の学生に募金を呼びかけ、多くの賛同をいただきました
休憩中の学生に募金を呼びかけ、多くの賛同をいただきました

「キャリアを育むことは、生活(ライフ)を充実させることに繋がります。仕事や勉強に一生懸命取り組むには、健康であることが大切です」と話す、客室乗務員の八幡さん
「キャリアを育むことは、生活(ライフ)を充実させることに繋がります。仕事や勉強に一生懸命取り組むには、健康であることが大切です」と話す、客室乗務員の八幡さん

学生スタッフ・ピーチの皆さん・出席者で「ハイ、ピーチ!」
学生スタッフ・ピーチの皆さん・出席者で「ハイ、ピーチ!」

前のページへ戻る

Page top