ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年10月25日

10月25日(水)、右京警察署と「地域の安全・安心に関する協定」を締結するため、本学4号館6Fで調印式を行いました。京都府警のシンボルマスコット「ポリスまろん」と「ポリスみやこ」が見守る中、村尾一也署長と松田武学長が協定書の内容を確認、署名。松田学長は「大変喜ばしいこと。有意義な連携につなげたい」と述べ、村尾署長も「特色ある活動につなげたい」と今後の協力を確認しました。

同協定は、地域の防犯意識向上を目指し、2015年から右京署が区内の大学と締結しているもので、大学と警察がそれぞれの専門分野を活用することで、地域の安全・安心や業務・教育等の充実を目的としています。

この日は、本学の「薬物乱用防止学生委員会」(通称ドラスタ)より3名が同席。田渕大輝さん(英米語学科3年次生)が代表して約10分間、活動紹介と自主制作動画「違法薬物の断り方」を披露し、「これからも安全・安心に貢献したい」と抱負を語りました。

前のページへ戻る

協定書を持つ松田武学長(中央・左)と村尾一也署長(中央・右)
協定書を持つ松田武学長(中央・左)と村尾一也署長(中央・右)

前のページへ戻る

Page top