ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年2月21日

国際教養学科 根本宮美子教授が、第20章:“Economic Shifts, Consumption of Sex, and Compensatory Masculinity in Japan”を寄稿した書籍 "Unmasking Masculinities: Men and Society" が発売されました。

書名:Unmasking Masculinities: Men and Society
編集:Edward Morris; Freeden Oeur
出版社:Sage Publications
発売:2018年2月
体裁:ペーパーバック・480頁
価格:£56.00(Amazon.comでの販売価格は $75.00)
寄稿章及びその内容:第20章:日本の経済・消費文化の変化にともなう男性性の変化について

詳細は下記HPをご覧ください。

【Sage Publications】
Unmasking Masculinities: Men and Society

前のページへ戻る

Page top