ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年11月2日

 本学と京都市右京消防署が連携し、京都府下で初めて救急車両(3台)の車外マイクに外国語アナウンス(英語・中国語・韓国語)が搭載されました。趙紫岐さん(日本語学科4年次生)と李奈里さん(英米語学科3年次生)の2人が台詞を翻訳、注意喚起を促す強めの口調と聞きやすいゆっくりとした口調の2パターン録音で協力しています。

 11月1日(水)昼、観光客であふれる嵐山にて試験走行が実施されました。中国語を担当した趙さんも駆けつけ、アナウンスを聞いた観光客へのインタビューを実施。中国人観光客は「日本語の分からない私たちでも、救急車が来ることがわかった」と話し、ドイツ人の女性観光客は「英語はしっかりと聞き取れた。外国語アナウンスは非常に重要」と感想を述べました。マスコミ各社からの質問に趙さんは「役に立てたことがうれしい」と話しました。

【メディア掲載情報】
・Yahooニュース
緊急車両通行時、注意喚起を3か国語でアナウンス…京都外大の学生が協力

・産経新聞 10月31日付 朝刊・26面(WEB版あり)
京の訪問客もっとおもてなし バス案内・救急車アナウンス 多言語で

・KBS京都(11月1日 NEWSフェイス)
京都市で初 外国語アナウンス搭載の救急車両

・京都新聞 11月2日付 朝刊・21面(WEB版あり)
「救急車が通ります」英中韓語でアナウンス  京都・嵐山で検証

・朝日新聞 11月7日付 朝刊・25面
交通ルール外国人にも

前のページへ戻る

マスコミ各社からの質問に答える趙さん(中央)
マスコミ各社からの質問に答える趙さん(中央)

外国人観光客にインタビューする趙さん
外国人観光客にインタビューする趙さん

嵐山を走行する外国語アナウンス搭載の救急車
嵐山を走行する外国語アナウンス搭載の救急車

前のページへ戻る

Page top