ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2015年11月4日

11月3日(火)付「毎日新聞」ウェブ・地方版
『ラグビーW杯:19年大会で協定 7外国語大が全力サポート/千葉』


2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップ(W杯)の運営支援や通訳ボランティアを、神田外語大(千葉市美浜区)など国内七つの外国語大学の学生が担うことになり、W杯組織委員会と協定を結んだ。イングランド大会で初めてW杯3勝を挙げた日本代表のさらなる飛躍が期待される大会を、学生がアシストする。

神田外語大学・東京外国語大学・名古屋外国語大学・京都外国語大学・関西外国語大学・神戸市外国語大学・長崎外国語大学の7大学は昨年6月に全国外大連合を結成。計27の専攻言語を持つ強みを生かし、スポーツや会議など国際イベントのボランティアリーダーの育成に取り組んでいる。


毎日新聞ウェブ
http://mainichi.jp/edu/news/20151103ddlk12050288000c.html

前のページへ戻る

Page top