ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2015年12月1日

11月29日(日)付「毎日新聞」26面掲載
『胎内被爆 苦悩語る』


27日に本学で行われた、被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)の学生サポーター主催の「私が国連で伝えたこと~松浦秀人さん(胎内被爆者)のお話」が毎日新聞で紹介されました。
この企画イベントでは世界各国で証言活動をしている松浦秀人さんが講演しました。松浦さんは今年の4月から5月にかけて、NPT(核拡散防止条約)再検討会議に合わせてニューヨークの国連本部で日本被団協が開いた原爆展で、見学者らに自らの人生について語り平和へのメッセージを伝えてきました。

毎日新聞web
http://mainichi.jp/area/kyoto/news/20151129ddlk26040342000c.html

NET-GTAS学生サポーター会議「私が国連で伝えたこと~松浦秀人さん(胎内被爆者)のお話」
http://www.kufs.ac.jp/news/detail.html?id=4KfUK1VY

前のページへ戻る

Page top