ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2019年2月8日

外国語学部 国際教養学科のナンシー スノー教授のコメントが、"Nikkei Asian Review"に掲載されました。

▼Nikkei Asian Review
Ghosn bets on PR offensive to shift narrative from jail
ナンシー スノー教授によると、カルロス ゴーン氏は自分のイメージが国際的な情報戦争となることを認識し、日本および世界の世論に圧力をかけられるかもしれないと考えており、自分のイメージを、裕福な世界中に高価な家を持つエグゼクティブではなく、共感しうる人間であると見られたいと思っており、これは、誰のどのイメージと認識が勝るのかの戦いである、と述べています。

前のページへ戻る

Page top