ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年6月15日


6月13日(火)付、「京都新聞」朝刊・22面に被爆者証言の世界化ネットワーク(NET-GTAS)の活動成果発表会の告知記事が掲載されました。

NET-GTASは、昨年度までに18人の証言を11言語で翻訳し、計88本の動画を作成。本日6月15日(木)2講時に開催された成果発表会では約70名の参加者の中、実際に活動をしている学生が翻訳から完成までの過程を映像を交えて解説しました。


前のページへ戻る

Page top