ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2011年6月8日

 6月7日、今年度からキャンパスの国際化と異文化理解、交流をスタートした「京都外大 ナショナル・ウイーク」がスタートし、ブラジルポルトガル語学科主催の「ブラジルポルトガル・ウイーク」のオープニングが、11号館野外劇場で行われました。
 田所清克ブラジルポルトガル語学科教授の開会宣言に続いて、松田武学長、住田育法学科長の挨拶の後、同学科卒業生も所属する「カポエイラ・ジェライス京都」が、ブラジルの伝統芸術・カポエイラを実演し、本学の学生や教員も一緒に体験しました。カポエイラの演舞終了後には、ブラジルのお菓子を試食し、味わいました。
 ブラジルポルトガル・ウイークは13日まで行われ、同日から「イタリアウイーク」へとバトンタッチされます。

前のページへ戻る

学生もカポエイラに挑戦
学生もカポエイラに挑戦

松田武学長による開会の挨拶
松田武学長による開会の挨拶

ブラジルのお菓子の試食会
ブラジルのお菓子の試食会

前のページへ戻る

Page top