ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2013年11月28日

スペイン語学科
創設50周年を祝う


 1963年に創設された本学スペイン語学科(旧名・イスパニア語学科)は、本年でちょうど50年の歩みを重ねることになり、11月23日(土・祝)、駐日スペイン大使を招いて祝賀の記念式典、記念イベント、懇親会が開催されました。森田記念講堂で行われた式典並びにイベントには多くの卒業生が参加し、森田嘉一理事長・総長の祝辞、ミゲル・アンヘル・ナバーロ・ポルテラ駐日スペイン大使のお祝いのメッセージに耳を傾けた後、本学フラメンコ部による演舞、プカソンコのフォルクローレ演奏、本学スペイン語学科卒業生(昭和59年度卒)でプロ歌手の八木啓代さんのラテンの歌声など、楽しく50年を祝いました。理事長・総長、大使も加わった記念撮影を終え、参加者らは11号館2階ラウンジでの懇親会に場所を移し、学科教員らと歓談の時を過ごし、これからの互いの活躍とスペイン語学科のますますの隆盛を期し、創設50周年を祝いました。

前のページへ戻る

Page top