ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2012年2月23日

 2月22日、本学ドイツ語学科卒業生の家原裕子さんが、アフリカからの一時帰国の合間を縫って広報誌等の取材のために来学してくれました。家原裕子さんは、1987年に本学を卒業し、外資系の銀行に勤務。計20年のキャリアを経て、1年の休職期間にアフリカの野生動物保護プロジェクトに参加しました。そこですっかりチーターに魅せられ、半年後に仕事を退職し、今は大好きなチーターや他の動物たちと一緒に暮らしています。
 2010年の12月にも本学を訪れてくださった家原さん。動物たちを愛する優しい気持ちは変わりません。そんな彼女の日々の活躍を紹介する番組が、3月4日(日)に放送されました。
家原さんからは、「南アフリカでのチーターや様々な野生動物の保護活動、そしして美しい大自然の映像をぜひご覧ください」とのメッセージをいただきました。

■『チーターよ 大地を駆けろ!~伊藤淳史の南アフリカ感動体験~』(テレビ静岡制作)

放送日時: 2012年3月4日(日)16:05~17:20(関西テレビほかフジテレビ系列28局ネット)

家原さんの所属しているModgaji(モジャジ)野生動物保護プロジェクトでは、チーター以外にも、ハイエナ、サーバルキャット、クドウ、ダチョウ、ミーアキャットなど多くの野生動物を観察することができます。世界中からボランティアを募集しており、「一人でも多くの人に興味を持ってもらい、雄大な自然と、動物たちの素晴らしさを体験してほしい」ということです。

▼ボランティアプログラムのホームページ:http://www.modgaji.co.za

前のページへ戻る

(写真提供:家原さん)
(写真提供:家原さん)

(写真提供:家原さん)
(写真提供:家原さん)

(写真提供:家原さん)
(写真提供:家原さん)

前のページへ戻る

Page top