ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2016年4月7日

イタリア語学科・國司航佑先生の著作『詩の哲学―ベネデット・クローチェとイタリア頽廃主義』が発売されました

20世紀前半のイタリアを代表する哲学者クローチェは、偉大な歴史学者として、反ファシズムを牽引した知識人としてよく知られる人物だが、同時に、革新的な美学者でもあった。当時、彼の美学理論は世界的な影響力を誇り、我が国の文豪たちが注目するほどであった。その美学思想の発展を、文芸批評の実践と哲学的思考の交錯の中に追う、本邦初のクローチェ美学研究書。

書 名:『詩の哲学―ベネデット・クローチェとイタリア頽廃主義』
著 者:國司航佑
出版社:京都大学学術出版会
発行日:2016年3月31日
発売日:2016年4月7日
体 裁:A5上製 350ページ
定 価:4,200円(税抜)

詳細は下記のページをご覧ください。
http://www.kyoto-up.or.jp/book.php?id=2106&lang=jp

前のページへ戻る

Page top