ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2018年1月10日


2018年1月10日(水)2講時、原一樹准教授の授業「サービス・コミュニケーション」で、松井本館・松井別館花かんざし4代目若女将の松井 もも加氏が100名を超える受講生を前に約1時間講演しました。

講演に先立ち、若女将を始め日本旅館協会総務企画委員会副委員長のホテル金波楼専務取締役今津 一也総支配人など関係者らが本学松田 武学長・下村 秀則副学長を表敬訪問。松田学長は「来る4月に国際貢献学部グローバル観光学科を開設し、観光業界に貢献できる人材育成をおこなっていく。そのためには現場の方々との協働が不可欠。これからも積極的に協力していきたい」と述べました。

講演のテーマは「旅館の文化を知る」。旅館における口コミやリピーターの大切さや旅館ならではのおもてなしなど、実際に若女将として旅館で働いているからこその想いを語りました。

中でも、「客室係と部屋食については旅館の醍醐味です。人と人を繋ぐ温かさを持つ客室係は最近ではコンシェルジュのような役割も担い、ますます欠かせない存在。部屋食だからできるおもてなしもたくさんあり、旅館文化を継承しつつ、少しでも喜んでもらえるように柔軟に対応することを心がけている」と旅館文化の魅力を学生に伝えました。

最後に、「学生という立場を最大限に活用し、今は興味がないことでも将来のために様々な業種の方のお話を聞くことがとても大切。ぜひ今のうちに実践してください」と学生たちへメッセージを送りました。

前のページへ戻る

講演に先立て、関係者との面談
講演に先立て、関係者との面談

旅館の魅力、文化を伝える若女将
旅館の魅力、文化を伝える若女将

受講生はメモを取りながら熱心に聞いていました
受講生はメモを取りながら熱心に聞いていました

前のページへ戻る

Page top