ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2012年10月18日

 10月17日(水)、「紛争解決と国連・日本の役割-カンボジア・ユーゴスラビア・スリランカ和平を振り返って」という演題で、元国連事務次長の明石康氏による講演会が7号館4階中ホールで行われました。一般の方も多く参加し、会場は立ち見が出るほどでした。
 明石氏は、自身の豊富な経験を話の中に織り交ぜながら、日本がすべきことについて語りました。参加者は大きく頷いたり、明石氏が時折語るユーモアのある話に思わず笑みを浮かべたりしていました。

 講演後、国際教養学科の学生を中心に24名の学生が集まり、明石氏との意見交換会が行われました。学生や留学生らが国際平和や国連に関する問題など、各々が興味を持つ分野の質問を投げかけると、明石氏はひとつひとつの質問に対して丁寧に答えていました。留学生が英語で質問すると、明石氏も英語で回答。ミレニアム開発目標や日本のODAでの役割など話題は広がり、学生たちはメモを取りながら、真剣に耳を傾けていました。

前のページへ戻る

講演を行う明石氏
講演を行う明石氏

学生との意見交換会
学生との意見交換会

前のページへ戻る

Page top