ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2016年7月7日

日頃の想いを英語で発表 「第19回短大英語スピーチコンテスト」が開催

短期大学キャリア英語科主催「第19回短大英語スピーチコンテスト」が7月7日に行われ、1年次生・6人、2年次生・3人が出場した。多くの学生が見守る中、自身の経験や時事的な話題について、その想いを英語で力強くスピーチ。受賞者発表では、キャリア英語科イアン・デイヴィ先生が学生の名前を読み上げると会場から大きな拍手が沸き起こり、その栄誉を皆で称えた。

結果は以下の通り。

第一位脇田 雷太さん(1年次生)
「訳語が存在しない英単語、行き過ぎた男性性 “Toxic masculinity”」

第二位上村 理紗さん(2年次生)  
「海外研修が私に教えてくれたこと “Trip abroad made me realize important things.”」

第三位坂根 ノアさん(1年次生) 
「ダブル・リミテッド “Double limited”」  

努力賞新井 俊秀さん(1年次生)   
「今すべきことが将来に響く “What we do now will echo in our future”」

努力賞岡田 明日香さん(2年次生)
「私の家族 “My family”」

前のページへ戻る

藤枝善之・短期大学キャリア英語科長の挨拶でスタート
藤枝善之・短期大学キャリア英語科長の挨拶でスタート

会場は詰めかけた学生で超満員
会場は詰めかけた学生で超満員

藤枝科長から賞状・トロフィーを受け、ガッチリと握手する第一位受賞の脇田さん
藤枝科長から賞状・トロフィーを受け、ガッチリと握手する第一位受賞の脇田さん

出場者と審査員の皆さんで記念撮影
出場者と審査員の皆さんで記念撮影

前のページへ戻る

Page top