ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年10月11日

10月8日(日)、"The Japan Times" のOPINIONにナンシー・スノー教授(専門:広報外交、国家ブランディング、国際関係)の記事が掲載されています。

ラスベガスの銃乱射事件を受けて、アメリカでは銃を持つことが社会や政治から個人を守る手段と考えられるのに対し、日本では社会や平和を乱すという全く異なる文化があると、日米比較の視点から語っています。

▼The Japan Times OPINION
 Japan has much to teach America about guns

前のページへ戻る

Page top