ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2012年3月6日

 3月6日から8日の3日間、福島県の会津大学吹奏楽団の団員9名が、本学吹奏楽団との交流会のために本学を訪れています。この交流会は2008年度から実施しており、毎年3月上旬に合同練習や演奏などの交流活動を行っているものです。
 初日の6日は、夜行バスで京都駅に到着した会津大学のメンバーらを本学の団長らが出迎え、大学到着後のレクリエーションでは、ゲームなどをして交流を深めました。また、昨年の訪問中に発生した東日本大震災から1年ぶりの再開を果たした学生もいました。
 本学吹奏楽団団長の細見由樹さん(国際教養学科2年次生)は、「また会津の仲間に会うことができて本当に嬉しい。昨年は震災があり、笑顔で見送ることができなかったので、今年はその分もすてきな思い出を作って、みんながひとつになれる演奏がしたい」また、会津大学吹奏楽団団長の橋本千秋さん(2年生)は、「京都観光をとても楽しみにしている。会津大学の団員は人数が少ないので、京都外大の大勢の団員たちと一緒に演奏できることがとても嬉しい」と話してくれました。
 交流会は、7日の京都観光や京都文化の体験に続いて、8日に合同練習と合奏等を行う予定です。

前のページへ戻る

カードゲームで親睦を深める学生たち
カードゲームで親睦を深める学生たち

前のページへ戻る

Page top