ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2017年4月28日

4月28日(金)、駐日パキスタン・イスラーム共和国臨時代理大使 ミルザ・サルマン・ババール・ベイグ氏一行が来学し、下村秀則副学長を表敬訪問しました。2017年8月14日に独立70周年を迎えるパキスタンと、創立70周年の本学との密な交流に向け、懇談しました。
 
午後には講演会が開催され、ベイグ大使がパキスタンの歴史や風土、日本との関係などを紹介。平和構築に向けた近隣諸国との連携について解説しました。

前のページへ戻る

本学との連携について話す、ベイグ大使と下村副学長
本学との連携について話す、ベイグ大使と下村副学長

本学とパキスタンとの絆を深めました
本学とパキスタンとの絆を深めました

講演には多くの学生が出席
講演には多くの学生が出席

学生との質疑応答では、宗教やマララ・ユスフザイさんに関する質問がありました
学生との質疑応答では、宗教やマララ・ユスフザイさんに関する質問がありました

前のページへ戻る

Page top