ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2010年10月13日

 10月10日、平安神宮、岡崎公園で行われた第8回京都学生祭典の縁日企画に、本学から国連サークルと留学生会の2団体が模擬店を出店しました。国連サークルはトルティーヤとチャイを、留学生会はアンゴラ料理のカウディラダを販売し、京都外大ならではの珍しい海外の料理に、縁日は大いに賑わいました。
「留学生会にはいろいろな国から来た留学生達が居ます。出身国の習慣や文化などの違いによって考え方も違ってくると思いますが、みんなが楽しい四年間を過ごせるように、日々の自治会活動を心をがけてきました。そして今年は初めて京都学生祭典に参加させていただき、とても楽しくいい勉強になりました。多少の準備不足はありましたが、今年の経験を踏まえて反省し、来年の成功に繋げていきたいと思います。」と日本語学科3年次生の舒建会長は話してくれました。
 また、京都学生祭典実行委員会の実行委員以外に短期ボランティアとして参加している本学の学生もいます。「学生のまち 京都」で学び、巣立っていった卒業生たちは世界中で活躍しており、そんな「学生のまち 京都」の魅力をもっと多くの人に伝えたい、新しい魅力をこのまちに映し出したいという想いに共感し、京都を中心とした学生が地域の方々と一緒になって創り上げる「祭典」に参加しています。これも京都学生祭典の魅力の一つです。

詳しくは、第8回京都学生祭典公式サイトで。

学生部

前のページへ戻る

国連サークルの模擬店
国連サークルの模擬店

留学生会のブース
留学生会のブース

短期ボランティアの学生
短期ボランティアの学生

前のページへ戻る

Page top