会員・在学生の活躍

  1. トップページ
  2. 卒業生・在学生の活躍
  3. 在学生の活躍
  4. ブラジルポルトガル語学科2年次生大西香穂さん、ブラジル国アルモニア学園研修生として派遣されます。

卒業生・在学生の活躍

在学生の活躍

2017年12月18日

ブラジルポルトガル語学科2年次生大西香穂さん、ブラジル国アルモニア学園研修生として派遣されます。

ブラジルポルトガル語学科2年次生大西香穂さんは、NGOブラジル人労働者支援センター(TRABRAS、東京都多摩市)派遣によるブラジル国アルモニア 学園研修生として2月2日から1カ月間上智大学ポルトガ ル語学科の学生と共にアルモニア学園に研修に行くことが決まりました。

このプロジェクトは前回まで上智大学の学生が研修に行っていましたが、今回初めて京都外国語大学の学生が派遣されることになりました。アルモニア学園はブラジル国サン・ベルナンド・ド・カンポ市(サンパウロ市の南東に隣接する人口76万人)に所在する1953年に創立したブラジルで有数の日本語学校で、幼稚園小中高一貫校で約420名の生徒が在籍しています。

研修生は、研修期間中ポルトガル語を使用して、学園の生徒に日本語授業の補助、日本文化の伝承などを行います。大西香穂さんは、大学へ入学して合気道部に所属し2級です。研修期間中授業の他に生徒に日本の古武道を教えたいと意気込んでいます。

京都外国語大学から初めてのアルモニア学園研修派遣について、京都外国語大学卒業生有志・学移連OB会西日本支部等関係者奨学金を寄付してくれました。(写真は奨学金授与の様子)

この研修を機会に京都外国語大学とアルモニア学園の有効が深まることを期待します。

<< 前の記事へ  | 一覧へ |  次の記事へ >>