ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

京都外国語大学 国際言語文化学会
会長 松田 武
(京都外国語大学・京都外国語短期大学 学長)

この度、学校法人京都外国語大学における研究活動の中核をなす組織として、「京都外国語大学国際言語文化学会」を設立する運びとなりました。

本学会の目的は、京都外国語大学・京都外国語短期大学に勤務するすべての教職員が研究の場として活用すると同時に、本学園の学生や本学を卒業したすべての若手研究者が研鑽し、研究成果を公表する機会を提供することにあります。

今回の学内学会の設立は、たいへん意義の大きいものだと思っております。広く学術・教育・社会の発展に貢献するのはもちろんのことですが、未来社会を担う大学院生をはじめとした若手研究者の育成も、設立趣旨の大きな柱の一つです。また、学内の各種研究会を本学会の研究活動の中に組み入れることで、刺激し合い、触発し合うといった一層の相乗効果も期待しています。そこでは、新しい出会いや発見が生まれ、違いを知り、異分野に触れ合うことによって、さらに研究の幅が広がることでしょう。

本学会の設立趣旨にご賛同いただける方は、ぜひ参加してください。本学の研究の一層の質向上を図り、優れた人材の育成を介して社会の発展に寄与すべく、皆さまと共に一歩一歩着実に明るい未来へと邁進したいと思っています。

Message from President

Kyoto University of Foreign Studies, International Society of Language and Culture
President : Takeshi MATSUDA (President of KUFS and KJCFL)

"The International Society of Language and Culture (ISLC) of Kyoto University of Foreign Studies (KUFS)" has been established as an organization which will be the core organization of research activities in KUFS.

The aim of ISLC is to offer research opportunities for all our university staff and to offer opportunities to publish the works of young researchers such as KUFS graduates and undergraduate students.

The establishment of this intramural society is very meaningful. It will not only contribute to the development of arts and sciences, education, and society, but also will train young researchers, including graduate students, as leaders in our future. Moreover, by incorporating various intramural study groups into the research activities of ISLC, we can stimulate each other and create a multiplier effect. There will be new meetings of people and new discoveries, getting to know the different viewpoints of others and learning about new field. The varieties of research will naturally broaden out.

Anyone who sympathizes with the intent relating to the establishment of our society, is welcome to join. We would like to enhance the quality of our researches, foster excellent human resources, and strive for a bright future with you, step by step.

Page top