ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

学内共同研究による研究成果を発行したものです。

2007年度 「職員の人事制度・評価(考課)について」アンケート調査結果報告書

2005年度 言語教育の諸相

2007年度(2007.4.1~2008.3.31)

機関誌名:「職員の人事制度・評価(考課)について」アンケート調査結果報告書(SDの研究会) 発行年月日:2008年3月
目次
はじめに
調査の概要
集計結果
「職員の人事制度・評価(考課)について」のアンケート用紙

2005年度(2005.4.1~2006.3.31)

機関誌名:言語教育の諸相(海外における外国語教育システム研究会) 発行年月日:2006年3月31日
目次
まえがき
なぜドイツに外国語大学が存在しないか 乙政 潤
多言語国家スペインの研究 —バレンシア語の場合 坂東 省次
外国人に(外国語としての)日本語を教えるということ —本学留学生別科の日本語教育— 内田 万里子
イタリア語教授歴二十数年を顧みて —新しいイタリア語教育法を模索する— 清瀬 卓
国家による言語操作についての一考察 岡本 俊裕
韓国の大学における日本語教育事情 —韓東大学、清州大学での実践を通じて— 長濵 拓磨
A língua mirandesa, segunda língua oficial de Portugal José Júlio Rodrigues
私はこうして学んだ —達人たちの日本語体験—
(シンポジウム筆記録)
ジョゼ・ロドリゲス、坂東 省次(司会)、朱 一星、エレン・ナカミズ、金 奇子、アグア・チアゴ
編集後記

京都外国語大学・京都外国語短期大学 国際言語平和研究所

〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 TEL:075-322-6054 / FAX:075-322-6245 / E-Mail:お問い合わせフォーム

Page top