ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

文部科学省は、研究機関における公的研究費の適正な管理を図るため、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(2014年2月18日改正)を定めました。これを受けて、本学に関わる全ての研究に対しても対応していきます。

研究費の管理・監査等の責任体制図(PDF:92KB)

1. 機関内の責任体系の明確化

(1)最高管理責任者(学長)

本学全体を統括し、競争的資金等の運営・管理についての最終責任を負う。統括管理責任者及びコンプライアンス推進責任者が責任を持って運営・管理等が行えるよう適切にリーダーシップを発揮する。

(2)統括管理責任者(副学長)

最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営・管理について本学全体を統括する実質的な責任と権限を持つ。

(3)コンプライアンス推進責任者(国際言語平和研究所長)

部局における研究費等の管理・運営について実質的な責任と権限を持ち、自己の管理監督又は指導する部局等における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告する。
構成員が、適切に競争的資金等の管理・執行を行っているか等をモニタリングし必要に応じて改善を指導する。

(4)内部監査部門(内部監査室)

研究所と連携して、毎年研究費の使用に関する監査を実施する。

(5)不正防止計画推進部署(国際言語平和研究所事務室)

不正防止計画

【基本方針】

学校法人としての社会的責任・使命の重大性に鑑み、検収システムの再構築、通報告発窓口の設置等不正防止に向けた取り組みを推進してきました。また、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成26年2月18日改正)」を受け、今後も不正防止計画についての点検・評価を行い、必要な見直しを実施し、実効性のある各種対策を適切に講じていくものとします。

コンプライアンス教育 ガイドラインの改正により、コンプライアンス教育の受講と受講管理が義務付けられ、本学では2015年度よりコンプライアンス教育を実施しています。
研究倫理教育 研究データのねつ造や論文盗用といった研究活動における不正行為がクローズアップされ、科学者・研究者の責任を問う問題が多く発生しています。こうした行為は、個別の科学者・研究者の問題にとどまらず、科学全体に対しての信頼を失わせるものです。
文部科学省は2014年8月「研究活動における不正行為の対応等に関するガイドライン」を決定し、各大学に研究活動における不正行為の発生防止のための責任体制の構築や、研究倫理教育の実施を義務づけるなど厳しい対応を求められています。本学もこのガイドラインに沿って研究についての倫理観の醸成に向けて取り組みます。

(6)競争的資金等に係る不正行為通報(告発)及び事務処理手続きに関する窓口担当部署

国際言語平和研究所:(075)322-6054

リンク

京都外国語大学・京都外国語短期大学 国際言語平和研究所

〒615-8558 京都市右京区西院笠目町6 TEL:075-322-6054 / FAX:075-322-6245 / E-Mail:お問い合わせフォーム

Page top