ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

言語文化領域

宇城 由文 教授

研究分野 俳句、俳諧、日本近世文学
指導内容 日本近世文学、中でも俳諧文学を主たる研究対象領域とする。近世文学にとどまらず、近世語の研究もその中に含む。古典文学の研究においては、時代に立脚したテキストの解釈が不可欠である。いい加減な解釈の上に立つ研究は砂上の楼閣となる。したがって、文献を読解する力の確認と向上が最初の目標となる。次に、文学作品を文学の領域のみでとらえるのではなく、文化的視点からも考察を加え、中国文化との関連なども踏まえて歴史的な位置づけを行う。江戸時代とそこに生きた人々の想像力とのかかわりを、時代に立脚した視点から検証するのである。以上のことを踏まえたうえで、それぞれのテーマに即した研究方法を確立し、その成果を客観的評価に堪えうる形にすることが最終目標となる。

大越 翼 教授

研究分野 中米先住民社会の歴史人類学、マヤ文献学
指導内容 先スペイン期から植民地時代に至る中米先住民社会の歴史人類学(Ethnohistory)的研究を元に、征服を境にこれがどう変容していったのかを未公刊史料を渉猟しつつ考えてゆく。とりわけ「先住民の視点」を推測復元する方法論を中心に据えて、先住民がアルファベット表記された自らの言語で書き記した文書の分析を行い、先行研究を批判的に読み、野外調査や古文書館における調査を踏まえたうえで、新しい視点から彼らの社会を研究していけるよう指導する。国際的レベルでの研究ができるよう授業はスペイン語で行い、随時来訪する各国の研究者との議論、講義、講演なども交えてゆく。

小倉 博史 教授

研究分野 ロマンス語学、意味論、語用論
指導内容 ラテン語から派生したロマン諸語(フランス語、イタリア語、ルーマニア語、スペイン語、ポルトガル語)による比喩表現を比較することによってフランス語の特徴である多義語の要因を探ることとし、また、ダルメステテール、ブレアル、ウルマン、ピエール・ギロー等の「意味論」に関する研究書を読みながら、意味論・語用論についての理解を深める。

小野 隆啓 教授

研究分野 統語論(生成文法)、言語獲得、意味論
指導内容 すべての自然言語は、それぞれの個別言語における統語的要素を、二項併合要素として形成する生成的機構を有するものである。その生成的併合機構における普遍的な形式特性がいかなるものであるかを解明することが、人間言語の本質を明らかにすることへの第一歩である。この言語理論的観点から、個別言語の生成統語論的研究、第一言語獲得の研究、生成意味論的研究、そして通時的、対照言語学的研究をめざし、記述的妥当性から、説明的妥当性を持つ言語理論、 最終的には生物的妥当性を持つ言語理論の研究にいたる理論言語学的研究を目標とするものである。

菅 英輝 教授

研究分野 対外関係史
指導内容 (1)冷戦と非冷戦の交錯、相互作用に注目し、グローバル冷戦史(1946~89年)の起源・変容・終焉の過程の実証的考察を行う。(2)冷戦秩序と冷戦後の秩序の連続性と非連続性の解明を通して、冷戦後のグローバル・ガバナンスの特徴と問題点を明らかにする作業に取り組む。(1)、(2)を念頭におきながら、文献の講読を通した先行研究の論点整理、一次史料の収集・検証・解釈の仕方、博士論文のテーマの選択、構想、執筆に関する助言と指導を行う。

住田 育法 教授

研究分野 ブラジル地域研究
指導内容 ポルトガル語圏の民族文化事情を歴史と地域から説き起こし、現在に至る道のりを、グローバルな枠組みからとらえ、他者たる異文化社会の調査・研究を指導する。先行研究を読み、先達の体験や理念に基づく地域事情の個別性や普遍性に関して理解を進める。その際、院生自らの研究を深めるためのブラジル人やポルトガル人などネイティヴ研究者とのコミュニケーションを重視しながら、地域研究の立場から、理念の誤りを正す醍醐味を学ばせたい。具体的には、「ブラジル学」のジョゼ・H・ロドリゲスやS・B・デ・オランダ、「ポルトガル語学」のセラフィン・ネトのような過去の先達の方法論を尊重しつつ、現地主義を重んじる実証研究をめざす。

彭 飛 教授

研究分野 日中言語文化対照研究、コミュニケーション研究
指導内容 「日中言語文化対照」を研究テーマとして指導する。「日中言語文化対照」では語彙や文法に関する中国語と日本語対照研究だけではなく、中国語的な表現と中国文化、日本語的な表現と日本文化のそれぞれの特徴を探るよう指導する。その他、日本語と中国語における「配慮表現」などについて、語彙、文法、言語思考形態、言語行動様式、文化的背景などの面から解説し、中国人と日本人のコミュ二ケーションにおける摩擦のメカニズムの解明などを通じて「言語と文化」のそれぞれの背景を探る。また、日中言語の語彙(語の意味の変遷、異文化交流と外来語の受容)、文法(特に「把動句」と「被動句」「使役句」とのかかわりおよび使用場面など)のほか、歴史・文化・宗教(仏教、儒教)などとのかかわりを解説・指導する。

松田 武 教授

研究分野 アメリカ史、アメリカ=東アジア関係史
指導内容 「アメリカとは何か」「なぜアメリカは、そんなにもアメリカ的であるのか」これらの答えを探求するために、アメリカ史研究を「グローバル・ヒストリー」の一部として幅広い視野に立って深く進めていく。日米関係史の研究においては、日米関係を軍事、経済、文化の三つの要素が縒り合わさった三位一体ととらえ、それら三つの要素のすべてを統合した分析枠組において研究テーマの位置づけと意義を明らかにする。大学院の授業では、先行研究の論点整理、それに研究テーマの理論的枠組についての指導を行う。基礎的準備の後、次にフィールド・ワークを含む、第一次資料に基づく実証研究についての助言と指導を懇切、丁寧に行う。

元山 千歳 教授

研究分野 アメリカ文学、カルチュラル・スタディーズ
指導内容 かつてメディア帝国に君臨していた文学は、その物語内容や構造として、写真、テレビ、映画、ファッション、音楽、ゲームなどとかかわりながら、われわれの生活スタイルを詩的に構築している。人種、性、政治経済、教育、宗教、スポーツなどがスペクタクル化するメディア文化時代にあって、多元重層的にグローバルに抗争するメディア・テキストを、どのように分析、解釈できるかを問う。さらにこれらのテキストはどのような地域、制度、歴史において生産され消費され、われわれの生活スタイルに関っているかを問いつつ、各自の研究テーマに沿って論文を完成するための技法を指導する。

堀川 徹 特別研究員

研究分野 西南アジア史、テュルク文献学
指導内容 現在の世界を考えるとき、西欧文明圏・東アジア文明圏と並んで、イスラーム文明圏が極めて重要な役割を果たしており、異言語・文化を学ぶ際に決して看過することのできない研究対象である。イスラーム教徒は中東のみならず、アフリカ、南アジア、東南アジアから中国、欧米にも多数居住しており、イスラーム文化とどのように向きあうかは、今や各地域内の重要問題となっている。こうした状況に鑑み、西欧文明の形成に大きな影響を与えたイスラーム文明、および、イスラーム世界の社会・文化を解明しようと志す者を、異言語・文化研究の観点から指導する。

言語教育領域

中西 久実子 教授

研究分野 日本語教育学、現代日本語学、語用論
指導内容 日本語母語話者・非日本語母語話者・日本語学習者の立場からみた現代日本語を対象とし、それを、文レベル、談話・テクストレベル、対人コミュニケーションレベルで分析する日本語教育学、現代日本語学、語用論などの研究を指導する。具体的には、母語話者の立場からみた現代日本語学の問題から、非母語話者・学習者がアウトプットする日本語の問題までを広く扱う。博士論文の執筆には、先行研究にはない独自の問題発見能力・分析能力が不可欠である。また、研究姿勢としては「疑って疑って、疑いぬいてそれでも疑う余地のないところに真理があり、疑うことが学問の第一歩である」という基本を忘れず、独自の方法論を確立して丁寧に論証していくことが期待される。

由井 紀久子 教授

研究分野 日本語教育学、意味論
指導内容 学習者の認知の視点、学習者の現実生活での日本語使用の観点から日本語教育の問題を考える。世界の外国語教育の標準理念になりつつあるタスク遂行能力とそれを実現する日本語能力、プロフィシェンシーに基づくライティング能力の開発や、多元的な場面認識に基づく日本語の実際使用のあり方・知識の構築を中心に、日本語教育の方向性を考えたい。日本語教育学の研究成果を批判的に講読することを通して自らの方法論・立脚点を確立し、博士論文を作成するための指導を行う。

Page top