ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

2015年4月に竣工した新棟「5号館」、サテライト教室や付属図書館、研究所など、京都外国語大学ならではの国際的な施設や充実した設備により、教育研究活動をサポートしています。

5号館

大学院生の研究活動を支援する新棟「5号館」が竣工。

2015年4月に竣工した教室・大学院棟です。1階に事務室と教室、2・3階に教室、4階に大学院生用の共同研究室やロッカーが設けられています。大学院生の研究活動を支援する施設です。

サテライト教室

キャンパスプラザ京都にサテライト教室を設置。

社会人学生を職場から通いやすくするなどの配慮から、通学に便利なJR京都駅前の「キャンパスプラザ京都」にサテライト教室を設けています。ここでは実践言語教育コースの[英語教育]の科目を中心に授業が行われ、火曜日から金曜日の夜間、土曜日は昼夜に開講します。

アクセス

付属図書館

蔵書数約59万冊、学術雑誌約4,000種を有する付属図書館には、本館と分館があります。希少価値のある世界的なコレクションを含め、研究に必要な資料はほとんど網羅しています。また、分館であるアジア関係図書館は、中国関係の研究書をはじめ、約10万冊のアジア関係図書を所蔵しています。

詳細を見る

図書館 ICT教育推進課(旧マルチメディア教育研究センター)

さまざまな研究のサポートを目的に、ICTを活用した成果を学術研究に取り入れています。2014年4月に開設した外国語自律学習支援室NINJAをはじめ、マルチメディア自習室MAICOや情報処理演習室、CALL教室などの管理・運営を行う役割も担っています。

詳細を見る

国際言語平和研究所

“PAX MUNDI PER LINGUAS”(言語を通して世界の平和を)の建学の精神のもと、外国語学、人文科学、社会科学、自然科学等に関する学術的研究・調査を積極的に推進し、学術・文化の向上および世界の平和に寄与することを目的に活動を行っています。また、学内学会として「国際言語文化学会」の事務局を置き、大学院生をはじめ若手研究者の育成、研究活動の機会を提供しています。

詳細を見る

京都外国語大学ラテンアメリカ研究所

ラテンアメリカ地域での研究活動の支援拠点としてさまざまな調査や研究を行い、その成果を教育にフィードバックしています。また、公開講座の開催により研究者や市民に対して情報を発信するなど、活発な活動を進めています。

詳細を見る

在京都メキシコ名誉領事館/在京都ニカラグア名誉総領事館/在京都グアテマラ名誉領事館

学園創立者森田一郎が1971年に在京都メキシコ名誉領事に就任したのを機に名誉領事館を開設。また、2011年2月に森田嘉一理事長・総長が在京都ニカラグア名誉総領事に就任し、名誉総領事館を開設。2015年12月には横山卓哉法人本部長が在京都グアテマラ名誉領事に就任し、名誉領事館を開設しました。

大学院生研究室

午前9時から午後11時まで大学院生が自由に使えるスペースです。個人の専用ロッカー、調べものや論文作成に必要なコンピューターや辞書類、連絡ボードなどを備えています。

5号館4階研究室

543研究室

対象 前期課程ヨーロッパ・ラテンアメリカ地域、後期課程言語文化
PC 17台
蔵書数 369冊
24脚
プリンター 1台

544研究室

対象 前期課程英米地域、英語教育、後期課程言語教育
PC 12台
蔵書数 252冊
24脚
プリンター 1台

545研究室

対象 前期課程日本語教育、後期課程言語教育
PC 18台
蔵書数 610冊
24脚
プリンター 2台

共有スペース

コピー機 2台
ロッカー 48棹

Page top