京都外国語大学 国際貢献学部 Be a Changemaker

Menu

Department of GLOBAL STUDIES - グローバル観光学科

Experience Itその出会いは、可能性に満ちている。

旅行、ホテル、航空産業といった既存の観光産業に加え、「多文化間交流」としての観光を促進する人材を養成します。観光学、統計学、政策科学、環境学などの多彩な学修を通じて、グローバルな視点から観光の今日的な課題を理解します。2年次からは文化政策としての観光を学ぶ「観光政策コース」、幅広い分野で観光ビジネスを仕掛ける「観光ビジネスコース」のいずれかを選択できます。

グローバル観光学科

  • 1「多文化間交流」としての
    新しい観光産業を学ぶ

    本学科の特色は、観光の概念をより幅広く「多文化間交流」と捉え直していることです。そのため旅行、ホテル、航空など従来の観光産業も対象とする一方、フードツーリズムやスピリチュアルツーリズム、スポーツツーリズムといった体験型・交流型としての観光のあり方についても学んでいきます。日本の魅力を世界に発信する観光、さらには地域振興の方法論としての観光など、幅広い切り口で観光産業に新しい価値を創出します。

  • 2京都という地の利を
    活かしたフィールドワーク

    本学のある国際観光文化都市・京都を中心に、学部の必須科目である「コミュニティーエンゲージメント」のほか、フィールドワーク、ボランティア活動などを展開します。本学には外国人観光客をボランティアでガイドする学生団体もあり、京都を舞台にした活動には実績があります。京都の街を学びの場とするにあたって、「京都の歴史」「京都モノ・コト学」や「観光調査・研究法」などの科目を通じて、活動を下支えする知識を身につけます。

  • 3英語の専門知識を
    身につける

    4年間を通じて「英語演習科目」を配置しています。ツーリズムに特化した英語表現やホスピタリティ英語といった基礎から高度な研究レベルまで、英語の授業だけで観光学を体系的に学ぶカリキュラムを編成。英語による専門知識の学修を徹底します。また、外国語大学である本学なら多言語の修得にも挑戦可能です。卒業後のキャリアプランや興味・関心に沿って、合計19もの言語から第2・第3外国語を選択できます。

めざせるキャリア
  • 観光関連企業
  • 各国政府・官公庁
  • 各国地方政府
  • 世界観光機構などの
    国際機関
  • 環境意識の高い
    グローバル企業
  • ジャーナリスト

旅行会社、ホテル、航空会社、ホスピタリティ企業など、従来の観光産業をはじめ、幅広い分野の企業で観光ビジネスを創出できる人材を養成します。フードツーリズム、エコ/グリーンツーリズム、スピリチュアルツーリズム、スポーツツーリズムなど多くの業態が開発されており、観光を学んだ人材の需要は広がっています。また、行政機関や地域振興やまちづくりに関するNPO・NGOも有力なキャリアとなっています。

取得できる資格・免許(予定)
  • 中学校教諭一種免許状(英語) [国家資格]
  • 高等学校教諭一種免許状(英語) [国家資格]
  • 学芸員 [国家資格]

※外国語学部英米語学科の指定科目の履修が必要です。

異文化間コミュニケーション論 - ジェフ・バーグランド先生
イチオシ授業
英語の上達には「発信する姿勢」で学ぶことが重要です。
観光業に携わる人にとって、英語コミュニケーション能力は必須のスキルです。そこで、日本語を母語とする人が英語を学ぶうえで知ってほしいことがあります。それは英語と日本語の、言語としての「型」の違いです。日本人はよく場の空気を読もうとします。それは日本語が「受信者責任型言語」という特性を持っているからです。特に人間関係に関心を払う日本人は、相手の意図を受信者の責任で解釈します。他方、英語は逆に「発信者責任型言語」。受け手側の解釈の余地が少ない言葉なのです。だから英語上達のためには、発信の姿勢で授業に臨む必要があるわけです。でも、ここが大切な点ですが、自文化である“受信”を忘れてしまうのは本末転倒です。受信力(日本語)を維持しながら、いかに発信力(英語)を身につけるか。それがこの授業のテーマ。まず自文化を知り、受信と発信のバランスを取る、スムーズな異文化間コミュニケーションをめざして学びます。
  • COMMUNITY ENGAGEMENT 本気の挑戦だから失敗も前進になる。プログラムの詳細はこちら
  • INTERVIEW Changemaker たちのストーリー 岩佐大輝氏 ストーリーを読む