ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへ

2017年に学園創立70周年|積み重ねてきた歴史を礎に世界を見つめ続けます。

理事長・総長 ご挨拶

学校法人 京都外国語大学 理事長・総長 森田 嘉一

本学園は2017年(平成29年)、おかげさまで創立70周年を迎えます。はじまりは外国語学校という小さな学び舎からでしたが、今では大学、大学院、留学生別科、短期大学、高等学校、専門学校と広がり、グローバル時代になくてはならない教育機関、「一つとあって二つとない」学園として認められるまでに成長することができました。これもひとえに、皆様のお力添えによるものと深く感謝しております。

現在、卒業生の数は延べ11万8600人。創立時から本学園の教育に携わってきた者全員が最も誇らしく思っていることは、多くの卒業生がこの大変な時代にあっても、常に世界を見つめる広い心を持って国際社会の各分野で活躍してくれていることです。

創立者である森田一郎・倭文子は、終戦直後の国土・人心が荒廃し、国民生活も極度の窮乏と混乱、精神的にも虚脱、混迷するなか、「教育の再生が第一」と考え、日本の将来を信じて京都の地に本学園を立ち上げました。以来、二人は戦争の否定と平和への信念を強く持って、祈るだけの平和ではなく、自ら一歩踏み込んで「平和を創り出す」側に立ち、実践する勇気を世に示してきました。

今後も本学園は、世界を視野に入れたグローバルな心を持ったバラエティに富んだ優秀な人材を世に送り出していきます。ご支援下さる皆様並びに本学園卒業生をはじめ保護者の皆さま、これからも「学園の一番の理解者」として見守っていただければ幸いに存じます。

Page top