ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

専攻語科目・専門科目

所属学科の言語を徹底的に学び、その言語圏の社会・文化に深く迫る。

所属する学科で専攻する言語の専門家としての自立をめざし、それらについての知識を深く学び、その運用力を高めるように集中的に学習します。専攻語・専門科目は、「基幹」の外国語強化科目や「展開」のグローバル・スタディ科目群、キャリア・スタディ科目群と密接に関わりながら学修を進めていきます。

学科 専攻語(専門)
英米語学科 英語
スペイン語学科 スペイン語
フランス語学科 フランス語
ドイツ語学科 ドイツ語
ブラジルポルトガル語学科 ポルトガル語
中国語学科 中国語
イタリア語学科 イタリア語
日本語学科 日本語学・日本文化・日本語教育に関する科目
国際教養学科 英語

第2外国語科目・第3外国語科目

世界の19言語への理解を深める。

19の言語から専攻語以外の外国語を選択して学べるよう、「第2外国語科目」・「第3外国語科目」を配置しています。興味や関心に応じてさまざまな言語を学び、複数の言語に対する理解を深めることができます。全学科の学生が専攻語と同様に言語・地域について深く学べるように、「展開」のグローバル・スタディ科目群でエリアAとエリアBに科目を編成しています。

第2外国語科目

専攻語以外の外国語を選択し、その運用力と知識を高める。

複数の言語に対する理解を深めるために、興味や関心に応じて英語・スペイン語・フランス語・ドイツ語・ポルトガル語・中国語・イタリア語・アラビア語・オランダ語・コリア語・ロシア語の11言語の中から選択します。
※英米語学科と国際教養学科は英語以外の10言語から選択。スペイン語学科・フランス語学科・ドイツ語学科・ブラジルポルトガル語学科・中国語学科・イタリア語学科は専攻言語以外の10言語から選択。日本語学科は11言語から選択。

第2外国語科目(1・2年次)
  • 英語Ⅰ-1・2
  • 英語Ⅱ-1・2
  • 英語Ⅲ-1・2
  • 英語Ⅳ-1・2
  • 基礎スペイン語※
  • スペイン語Ⅰ-1・2
  • スペイン語Ⅱ-1・2
  • スペイン語Ⅲ-1・2
  • 基礎フランス語※
  • フランス語Ⅰ-1・2
  • フランス語Ⅱ-1・2
  • フランス語Ⅲ-1・2
  • 基礎ドイツ語※ 
  • ドイツ語Ⅰ-1・2
  • ドイツ語Ⅱ-1・2
  • ドイツ語Ⅲ-1・2
  • 基礎ポルトガル語※
  • ポルトガル語Ⅰ-1・2
  • ポルトガル語Ⅱ-1・2
  • ポルトガル語Ⅲ-1・2
  • 基礎中国語※
  • 中国語Ⅰ-1・2
  • 中国語Ⅱ-1・2
  • 中国語Ⅲ-1・2
  • 基礎イタリア語※
  • イタリア語Ⅰ-1・2
  • イタリア語Ⅱ-1・2
  • イタリア語Ⅲ-1・2
  • 基礎アラビア語※
  • アラビア語Ⅰ-1・2
  • アラビア語Ⅱ-1・2
  • アラビア語Ⅲ-1・2
  • 基礎オランダ語※
  • オランダ語Ⅰ-1・2
  • オランダ語Ⅱ-1・2
  • オランダ語Ⅲ-1・2
  • 基礎コリア語※
  • コリア語Ⅰ-1・2
  • コリア語Ⅱ-1・2
  • コリア語Ⅲ-1・2
  • 基礎ロシア語※
  • ロシア語Ⅰ-1・2
  • ロシア語Ⅱ-1・2
  • ロシア語Ⅲ-1・2

各1単位(※の付く科目は2単位)。

第3外国語科目

専攻語と第2外国語以外の言語を幅広く学ぶ。

専攻語と第2外国語で選択した言語以外の外国語に、さらにラテン語・ギリシア語・インドネシア語・トルコ語・インド語・タイ語・ベトナム語・スワヒリ語の8言語を加えた計19言語の外国語から選択します。
※日本語学科は第2外国語科目で履修した言語以外から、国際教養学科は英語と第2外国語で履修した言語以外から選択。

第3外国語科目(2・3年次)
  • ラテン語Ⅰ・Ⅱ
  • ギリシア語Ⅰ・Ⅱ
  • インドネシア語Ⅰ・Ⅱ
  • トルコ語Ⅰ・Ⅱ
  • インド語Ⅰ・Ⅱ
  • タイ語Ⅰ・Ⅱ
  • ベトナム語Ⅰ・Ⅱ
  • スワヒリ語Ⅰ・Ⅱ
  • 各1単位
以下の外国語は第2外国語科目と同様
  • 英語
  • スペイン語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル語
  • 中国語
  • イタリア語
  • アラビア語
  • オランダ語
  • コリア語
  • ロシア語

外国語強化科目

学生各自のレベルに合った授業で、語学力を強化。

専攻語あるいは第2外国語として学んだ各言語の運用力を、学生のレベルに合った科目を選択するなどの方法でさらに強化し、各言語の語学検定試験にも対応できるように、集中的に学習します。

3段階のレベル設定。卒業時には全員がインターミディエイト以上の語学力に。

英語インテンシブ

英語を専攻語とする学生のみならず、ビジネス現場で重視される英語を、学生はアドバンスト、インターミディエイト、エレメンタリーのクラスに分かれて学習を進め、英語の運用力を高めます。また、英語とその使用地域に対する強い興味と関心を育みます。

英語インテンシブ 科目一覧

初習外国語インテンシブ

大学入学後に学習を開始した言語の科目を、所属する学科の枠を越えて、学生はアドバンスト、インターミディエイト、エレメンタリーのクラスに分かれて学習を進め、各言語の運用力を高めます。また、それぞれの言語圏に対する強い興味と関心を育みます。

初習外国語インテンシブ 科目一覧

英語通訳・翻訳インテンシブ

英語の通訳ガイドや翻訳、同時通訳を学ぶ科目を配置し、通訳・翻訳の実践的なスキルの修得をめざします。履修にはインターミディエイトレベル以上の英語力が必要です。

英語通訳・翻訳インテンシブ 科目一覧

英語教員養成インテンシブ

英語教員をめざす学生のためのTEFL Studies Programを開設し、学生はインターミディエイトレベルのクラスで学習を進め、英語教員に必要とされる実践的な英語教育力を養います。

英語教員養成インテンシブ 科目一覧

日本語インテンシブ

日本語教員養成プログラムの履修者に対しては、日本語教育に必要な日本語表現や日本語力を養成し、外国人留学生および海外帰国生徒等に対しては、日本語リテラシーの向上を図ります。

日本語インテンシブ 科目一覧

TOEIC集中対策

英米語学科以外の学生を対象とし、TOEIC等の英語検定試験で一定の成果を得られるようにします。企業が海外出張や短期派遣要員の目安とするスコア600点をめざす教育を展開します。

TOEIC集中対策 科目一覧

専門特別演習科目

日本語学科と国際教養学科では、実践的・体験的な学習活動を通して学びを深める「専門特別演習科目」を、それぞれ設置しています。

日本語学科の専門特別演習科目
下記の中から10単位履修
  • ◆漢文学Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • ◆日本の伝統文化Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 書道Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • ◆京都モノ学Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 日本語学特論Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 日本文学特論Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 日本文化特論Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 実践日本語教育1~3<各2>
  • 日本語教育実習Ⅰ・Ⅱ<各2>
  • 日本語資格検定試験<2>
  • 国内外日本語教壇実習<1~8>
  • 編入学時認定科目<1~4>

< >は単位数。◆は学科間開放科目。

国際教養学科の専門特別演習科目
下記の中から26単位履修
  • 国際ビジネスの基礎<2>
  • 国際関係の基礎<2>
  • 国際教養概論1・2<各2>
  • 編入学時認定科目<1~20>
国際関係
  • Modern Diplomacy(現代外交論)<2>
  • The United Nations(国連概論)<2>
  • International Cooperation(国際協力論)<2>
  • Development Economics(開発経済論)<2>
  • Issues in Multicultural Society(多文化社会論)<2>
  • Contemporary History(現代史)<2>
  • International Relations Ⅰ・Ⅱ(国際関係論)<各2>
国際ビジネス
  • International Business(国際ビジネス論)<2>
  • International Labor(国際労働論)<2>
  • Business Management(経営学総論)<2>
  • Organization Management(経営組織論)<2>
  • Strategic Management(経営戦略論)<2>
  • Marketing(マーケティング論)<2>
  • International Business Strategy Ⅰ・Ⅱ(国際経営戦略論)<各2>
必修
  • Off Campus Program(オフ・キャンパス・プログラム)[海外留学・海外インターンシップ・国際ボランティア・フィールドワーク]<2>

< >は単位数。

外国語学部 カリキュラム(4年間の学び)

Page top