ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

単位修得の方法 <通信授業の概要>

通信授業では、聖徳大学から送付された教材により学習し、所定のレポートを提出して合格したのち、科目終了試験を受験して合格することにより単位修得します。科目終了試験は年に数回、本学でも実施されます。実習的な内容を含む科目については、一部または全部が面接授業(スクーリング)で行われます。これらの科目はスクーリングを受講し、スクーリング試験に合格することにより単位修得します。

【通信】での単位取得

※レポート提出の郵送料は、現在通信教育割引制度があります。

【通信】と【面接】での単位取得

※所定のレポートは、指定日までに提出して合格しておくことが条件になっています。

受講料

このプログラムを履修する場合、二種免許状を取得するには約43万円、一種免許状を取得するには約60万円の費用(スクーリング参加のための交通費・宿泊費を除く)が必要です。
上記の金額は、小学校教諭免許状取得プログラムに必要な単位を順調に3年間で修得できた場合の金額であり、昨年度の聖徳大学通信教育部人文学部の要項に基づいて算出した金額です。従って、個々人の履修状況や聖徳大学の学則改定等により多少金額が変動します。
一旦納入した受講料などは返金できませんので、注意してください。

申込から履修の流れ

オリエンテーション等スケジュール

1年次
12月 小学校(一種・二種)免許状取得プログラムオリエンテーション(出願書類配布)
1月 出願書類の提出
2月 学内面接を行った後履修許可の発表
聖徳大学への科目等履修生としての登録申請
3月 小学校(一種・二種)免許状履修者対象オリエンテーション
履修と学習の手引き等の配付
学習のスタート
2年次以降
3月 小学校(一種・二種)免許状履修者対象オリエンテーション
4月 小学校教育実習オリエンテーション(3年次対象)
5月 夏期スクーリング申込オリエンテーション
8月 夏期スクーリングに参加
10月 教育実習事前・教育実習事後指導申込オリエンテーション
1月 春期スクーリング申込オリエンテーション
1月中旬 教育実習事後指導(4年次対象) スクーリング参加
2月上旬 教育実習事前指導(3年次対象) スクーリング参加
3月上旬 春期スクーリングに参加

履修パターン

(小学校一種免許状)

履修年度 法定区分 教科 単位
通信 面接
1年目
(本学2年次)
教科に関する科目 図画工作Ⅰ   2
家庭Ⅰ   2
社会Ⅰ 1 1
書写・書道 2  
数学Ⅰ 2  
理科Ⅰ 2  
国語Ⅰ 2  
教育課程および指導法に関する科目 道徳教育の研究 2  
特別活動の指導法 2  
小計 11 7
2年目
(本学3年次)
教育課程および指導法に関する科目 教育課程論 2  
教育方法学 2  
国語科教育法 1 1
社会科教育法 1 1
算数科教育法 1 1
理科教育法 1 1
生活科教育法 1 1
音楽科教育法 1 1
図画工作科教育法 1 1
家庭科教育法 1 1
体育科教育法 1 1
生徒指導、教育相談および進路指導等に関する科目 教育相談 2  
小計 15 9
3年目
(本学4年次)
教育実習 初等教育実習   3
小計   3
合計 26 19

(小学校二種免許状)

履修年度 法定区分 教科 単位
通信 面接
1年目
(本学2年次)
教科に関する科目 図画工作Ⅰ   2
家庭Ⅰ   2
教育課程および指導法に関する科目 道徳教育の研究 2  
特別活動の指導法 2  
教育方法学 2  
小計 6 4
2年目
(本学3年次)
教育課程および指導法に関する科目 教育課程論 2  
国語科教育法 1 1
社会科教育法 1 1
算数科教育法 1 1
理科教育法 1 1
音楽科教育法 1 1
図画工作科教育法 1 1
生徒指導、教育相談および進路指導等に関する科目 教育相談 2  
小計 10 6
3年目
(本学4年次)
教育実習 初等教育実習   3
小計   3
合計 16 13

教員免許状の申請について

小学校教諭(一種・二種)免許状については、本学卒業後、出身の都道府県教育委員会へ個人申請することにより免許状が授与されます。申請する方法は、別途説明会を開催します。

小学校二種免許状取得プログラムに関するQ&A

すべて開く

どうして小学校二種免許状の取得プログラムになったのですか。

京都外国語大学の履修科目が、演習態形式の授業も多く卒業要件を満たすことがまず必要です。そのため、できるだけ少ない単位数で小学校の免許状を取得することとなりました。また、各都道府県で実施される教員採用試験において一種免許状と二種免許状の違いによる区別はありません。また、団塊の世代が今後大量退職を迎えるため、各都道府県での小学校教員の採用倍率は近年にない低倍率化が進んでいます。採用試験の条件として、免許取得見込みは絶対条件ですので一種免許状より少ない単位数で取得できる二種免許状になりました。ただ採用後上級免許にする努力義務が法律で定められています。

二種免許状とはどんな免許状ですか。

小学校教諭免許状には一種・二種・専修の3種類があります。大学で教職課程を履修すれば一種免許状が、短大で教職課程を履修すれば二種免許状が取得でき、大学院で教職課程を履修すれば専修免許状が取得できます。このプログラムは、中学校一種免許状の取得を前提に、通信教育で二種免許状に必要な最低単位を取得します。

一種免許状 学士の学位を有することを基礎資格とする。
二種免許状 短期大学で授与される短期大学士の称号を有することを基礎資格とする。
英米語学科以外の学生も小学校二種免許状を取得できますか。

小学校二種免許状取得には、中学校一種免許状の教科にかかわらず、取得することを前提に同時履修をしますので英米語学科以外の学生も取得ができます。

中学校一種免許状が取れなくても、小学校二種免許状は取得できますか。

中学校一種免許状を取得できることを前提に小学校二種免許状を取得します。また、教職に関する科目も13単位まで、隣接校種(中学校)により流用して小学校二種免許状を取得するため、中学校一種免許状が取得できなかった場合は、小学校二種免許状は取得できません。

在学中に留学も考えていますが、小学校二種免許状は取得できますか。

夏期休暇・春休休暇を利用してスクーリングに参加をしますので、この期間にかかる長期留学の場合は、在学中に免許状の完成は難しくなります。

スクーリングは、聖徳大学まで行かなくてはいけないのですか。

春・夏のエリアスクーリングは本学で実施をしますが、聖徳大学で集中的に履修することも可能です。

教育実習はどうなりますか。

中学校及び高等学校一種免許状を取得するためには、中学校または高等学校で3週間の教育実習が必要です。
これらの教育実習は、母校の中学校および高等学校で行いますが、このプログラムに参加をする人は、中学校での教育実習を3週間する必要があります。また、小学校の二種免許状取得のために、別途小学校で2週間の実習が必要です。このため、4年次の春もしくは秋学期に、中学校での3週間の実習と、中学校実習とは違う学期に小学校で2週間の実習を行います。教職以外に就職活動が思うようにできない可能性もありますので、注意をしてください。

在学中にプログラムを修了できなかった場合はどうなりますか。

卒業時に継続願いの手続きとることで別途経費は必要ですが、2年間は在学時と同じ科目等履修生として取得できなかった単位を履修することができます。

Page top