ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

単位修得の方法 <履修の仕組み>

テキスト履修(T履修、R・S履修)

テキスト(印刷教材等)による履修は、通信教育において中心となる履修方法です。指定されたテキストをもとに自宅で学習し、科目ごとに与えられた設題についてリポートを作成、提出します。そして翌月、開催している全国の試験会場から、希望の会場を選び、試験(科目最終試験)を受験することにより、科目の単位を修得していきます。

スクーリング履修(S履修、SIS履修)

スクーリングによる履修は、科目ごとに指定された日数・時間数分、教室で、直接教員から授業(面接授業)を受ける履修方法です。

【テキスト履修】

【スクーリング履修】

受講料

本学における学費とは別途、受講料として、約50万円が必要となります(2年間で分割)。
その他、テキスト代として、約36,000円が自己負担となります。

履修パターン

佛教大学通信教育課程・平成28(2016)年度 併修開始者適用カリキュラム
小学校教諭一種免許状取得課程

【留意点】

  1. 「自大学で履修すること」としている科目について、教育職員免許法施行規則第6条備考12の流用規程によるものであり、自大学において中学校教諭の免許状を取得できなければ、当該科目の単位は小学校免許申請に有効な単位とはならない。(流用不可)
  2. 「介護等体験」は、自大学で行なうこと。
  3. 「教育職員免許法施行規則第66条の6」に定める科目(「日本国憲法」・「体育」・「外国語コミュニケーション」・「情報機器の操作」)は、自大学で履修すること。
  4. 教育実習実施資格判定科目については、資料No.2にて確認すること。

教員免許状の申請について

小学校教諭(一種・二種)免許状については、本学卒業後、出身の都道府県教育委員会へ個人申請することにより免許状が授与されます。申請する方法は、別途説明会を開催します。

Page top