ページの先頭です。ページの本文へメインメニューへサイト内検索へ

就職環境について

昨今、十分な学力と国際性やコミュニケーション能力を修得し、ストレス耐性に優れた学生が求められる状況から、海外留学生に特化した採用活動を行う企業が増えています。
しかし、帰国のタイミングによっては企業の採用活動のピークをはずす場合がありますので、就職活動のスケジュールには常にアンテナを張っておいてください。

就職活動スケジュール

【POINT】国内の学生より遅れをとらないように、また納得のいく就職活動をするために万全の準備をしてください。

出発前にすること

  • 留学の目的意識を持つ。(具体的に明確に)
  • 職業観を身に付けるために積極的にインターンシップに参加する。
  • 事前に業界・企業研究を行い、希望企業(団体)の採用情報等を調べる。
  • 資格等を出来るだけ取得し、スコアアップを図る。(例:TOEIC、TOEFL、英検)
  • 学内で行う就職行事や無料講座などを活用する。(年次に関らず)
  • キャリアセンターと個別に相談する。

留学中にすること

  • 専攻語の修得以外に社会常識・幅広い知識・教養を身につける。
  • 自己分析(自己PR)、志望動機を完成する。
  • SPI、一般常識等の問題集を持参し、弱点を克服する。
  • 留学先の外国企業および海外進出日本企業の研究をする。
  • インターネットを効果的に活用し、政治・経済、日本の動きを把握する。
  • 留学(授業)が終了次第、直ちに帰国できる準備をする。
  • 海外で行われるキャリアフォーラムに参加する。(ロンドン、ニューヨーク、ロス、ボストン等)

帰国後にすること

  • キャリアセンターに「進路・就職登録票」を提出する。
  • キャリアセンターでその年度の就職状況や企業情報を収集する。
  • 夏休み、冬休みのタイミングに開催される「海外留学生のための企業説明会」に参加する。(東京、大阪等)

Page top