ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS

2018/01/17 11:30:00 第30回国際文化資料館研究会・合同報告会

  • Category資料館研究会
  • Posted by河津
こんにちは。数日前のセンター試験でムーミンに関する問題が出題されていましたね。私が受験した時に話題になったのは「スピンスピンスピン」でした。気にせず問題を必死に解いていたのを覚えている河津です。


さて、先週金曜日に第30回国際文化資料館研究会・合同報告会が行われました。記念すべき(?)30回目の参加者は7名でした。今回はイスラム文化研究会がお休みだったため、中米考古学研究会とフィールドミュージアム研究会の2つの発表がありました。



【中米考古学研究会】
タイトル:「2017年夏期ニカラグア参加報告」
発表者:村田翔(スペイン語学科2年次)


【フィールドミュージアム研究会】
タイトル:「2017年度越前フィールドミュージアム活動をふり返って」
発表者:河津悠理(ドイツ語学科4年次)



中米考古学研究会からは、今年の夏期に行われたプロジェクト・マティグアスに参加した感想や体験を紹介していただきました。初めての研究会発表で緊張した面持ちでした。去年放送されたマティグアスの番組で撮影されていた土器の破片の説明もしていただきました。


フィールドミュージアム研究会からは、越前フィールドワークが1年間行ってきた活動のまとめを発表しました。大まかにどんな活動をしたかを説明した後、まとめやこれからの問題点を説明しました。



次回は来年度の4月を予定しております。開催が近づきましたら、資料館のFacebookに掲載いたします。
  • 現場で土器や石柱を見た時の感動を伝えてくれました
  • 毎回のことながら発表は緊張してしまいます・・・

Page top