ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS

イベント

2018/08/18 02:30:00 文化財ドック東京に参加しました

  • Categoryイベント
  • Posted by館長
館長の南です。
 夏休みも3分の1が終わったころでしょうか。みなさん楽しんでいるだろうなあ!えっ私?私は7月後半から8月は、地震や大雨、そして災害的暑さの影響もあって、夏休み開始ぎりぎりまで補講、補修。さらにゼミ合宿、成績提出と追われていました。その後は、恒例の越前熊谷の夏の合宿!楽しかったです~。この話はまた!
 さて、ということですっかり報告が遅れましたが、文友会の第20回文化財ドックが、7月21日に東京は有楽町の朝日新聞ホールで開催されました。5年前の第10回を同じホールで開催しましたので、2回目の東京での開催です。
 東京では、文化財ドックのメイン事業の「未指定物件の修理相談会」と対象を子どもに限定した「京都 匠の技を学ぼう」ということで、「匠の体験コーナー」と各匠の仕事内容や道具などの展示会を4組に分かれた子どもたちが、4回に分かれてそれぞれ回るというものです。計192名の子どもたちと、その保護者の方々があわせて400人を越える参加者がありました。
 そして、今回も学芸員資格課程履修生とOB生は、「体験コーナー」のお手伝いと「文化財ってなあに?」を担当しました。「体験コーナー」では「うちわづくり」、「苔玉づくり」などを手伝っていました。学生諸君は彼ら自身が初めてのことだったにも関わらず、子どもたちに一生懸命教えていた姿は、「学芸員のタマゴ」としてなかなか頼もしかったです。ほとんど1日立ちっぱなしでしたから疲れたと思います。
 また、「文化財ってなあに?」では、学生諸君が一生懸命準備したパネルを使って、子どもたちに「文化財」がなぜ大切なのか、文化財を守るために「匠」の人々が働いていることを「紙芝居」風に伝えました。文友会のキャラクターである「文化財ドッグくん」が助っ人に参加。学生諸君もだんだん慣れてきて、なかなかの出来でしたよ~。子どもたちもすごく楽しんでいたと思います。
 皆さん!ほんとうにお疲れさまでした!!!
 なお、この「文化財ドック」の記事が、8月14日の朝日新聞夕刊に掲載されています。ぜひご覧ください。

  • 文友会全員集合!!!文化財ドック君も一緒に。さあ、がんばろ!!!
  • 体験コーナーのあちこちで赤い「国際文化資料館ブルゾン」を着た本学メンバーが大活躍でした
  • 「文化財ってなあに?」のワンシーンです。あ!!館長もいますね。私は「文友会」の法被を着ています。

2018/05/22 15:20:00 ミエ!三重県に行ってきました

  • Categoryイベント
  • Posted byイルファン・マツモト
こんにちは。
暑かったり寒かったりと不安定なお天気ですが、体調崩されていませんか?
私は先ほどから鼻水に悩まされています。部屋着が半袖なこと以外原因が見当たりません。

本日は、19日土曜日に行われた第13回博物館・美術館バス見学会の模様を綴りたいと思います。
学芸員資格課程の学生と先生方総勢40名が連れ立って、今回は三重県を目指しました。

最初に訪れたのは津市にある三重県総合博物館MieMuです。
最初に学芸員の方から簡単な説明を受けた後、基本展示、企画展示と一様に回りました。
基本展示は三重の豊かな自然が織り成す、人、モノ、文化の交流がテーマで、その展示の多さ、一つ一つの丁寧さに圧倒されました。人、モノ、文化、まさに三重(さんじゅう)。
企画展示は『知ってる貝! 見てみる貝! 貝のヒミツ』と題され、捻りの無い表現ですが誠、貝の秘密を窺い知ることができました。初めて知ることも多く何事も貝殻で海は量れないな、と感じる次第でありました。

次に訪れたのは亀山市にある関宿です。
東海道五十三次の47番目の宿場であり、当時の面影を今に伝える古い街並みは国の「重要伝統的建造物群保存地区」および、旧建設省選定の「日本の道100選」のひとつに数えられています。
ここで学生らはそれぞれに街を見て回りました。地中化され、電柱の存在しない街並みに驚かされながら最も印象深かったのは、木桶の工房を見学させていただいたことです。4代目ご主人の軽妙な語り口とその手捌き、寸分狂いも無い正確さに思わず感嘆の念が漏れていたと同時に、いつまでも見ていたいと感じました。

三重県と言ったら伊勢神宮というイメージでしたが、新たな三重県を垣間見ることができました。
皆様も三重県を訪れました際には是非とも一度、MieMuそして関宿へお立ち寄りください。

ではまた、寄稿に恵まれるその日まで。
  • ミエㇺの学芸員さんにご説明いただきました
  • 熱心に見学する学生のようす
  • 桶屋の四代目ご主人!かっこいい~~~

2017/12/01 16:00:00 写真展「京外大からこんにちは!福井県越前ランドスケープ」開催のお知らせ

  • Categoryイベント
  • Posted by河津
こんにちは。突然ですが、みなさん「こだわり」ってありますか?家ではマグカップごとに入れる飲み物を決めている河津です。最近4つめのマグカップを買いました。


さて、本日12月1日(金)から来年1/24(水)まで嵯峨野ゆう薬局にて、写真展「京外大からこんにちは!福井県越前ランドスケープ」を開催しております。

9月の行われた右京区まちづくりキャンパスにて、ゆう薬局の方とお会いしたのをきっかけに今回の写真展が実現しました。資料館の活動のひとつ、越前フィールドミュージアム活動を写真とパネルで紹介しています。これまでは大学内や福井県のフィールドなど、限られた場所でしか活動を紹介できなかったですが、これをきっかけに大学周辺の方々に資料館の活動を知って頂けたら幸いです。


期間中は、ゆう薬局の営業時間内であれば無料でご覧いただけます。見に行かれた方は是非、こっそり感想をお聞かせください。
  • 嵯峨野ゆう薬局は、嵐電 帷子ノ辻駅より徒歩5分のところにあります。
  • 待合スペースの一角をお借りしています。

2017/11/22 09:10:00 国際文化資料館第12回公開講座を開催しました!

  • Categoryイベント
  • Posted by西村
もう暦の上ではすっかり冬ですが、「秋」をもう少しだけ、もう少しだけ楽しませてほしい西村です。
みなさん、風邪などひかれておりませんでしょうか。

さて、国際文化資料館では、11月18日に第12回公開講座を開催しました。 

現在開催中の特別展「堂本印象がみたヨーロッパ」の関連催事として、京都府立堂本印象美術館より、副館長の入江錫雄氏、学芸員の松尾敦子氏にご登壇いただきました。

入江氏には、堂本印象美術館の歴史と、これからの活動についてお話しいただきました。
印象画伯の思いのこもった美術館は現在リニューアル中です。お話を聞いて来春のリニューアルオープンがとてもとても楽しみになりました。

松尾氏には、印象画伯の画風の変化や、作品について詳しくお話しいただきました。ご講演中に資料として見せていただいた大阪の風景画には、日常の人々の姿が細やかに、かつ生き生きと描かれ、モノトーンの世界ですが、色が見えるようなそんな感じを受けました。これは現在展示中のペン画でも感じていただけると思います。

当日は25名の方のご参加をいただきました。ありがとうございました。
今後もいろいろな公開講座を企画していきますので、ご興味に合わせてご参加いただければと思います。



さてさて、特別展「堂本印象がみたヨーロッパ」も残すところ、あとわずかとなりました。
資料館は、明日23日、祝日のため(勤労感謝の日)休館ですが、24日(金)、25日(土)と公開します。
ぜひともご来館ください。金曜、土曜とお待ちしております。

2017/10/20 17:00:00 国際文化資料館第5回研究講座を開催しました!

  • Categoryイベント
  • Posted by植村まどか
こんにちは!10月にメキシコ留学を終えて帰国した植村です。お久しぶりです!
遅ればせながら、先日開催された研究講座の報告です。

今月初旬10月7日(土)に、国際文化資料館第5回研究講座「メキシコ古代オルメカ文化と縄文文化の比較研究を目指して」がR141で開催されました。

今回は、講師にメキシコ合衆国ベラクルス州立大学付属人類学博物館学芸員のロベルト・ルナゴメス氏、コメンテーターには市川彰氏(本学非常勤講師ほか)、伊藤伸幸氏(名古屋大学助教)をお迎えして、国際文化資料館との共同研究の立ち上げに向けた有意義な講演会となりました。

オルメカ文化は、今から約3000年以上も前にメキシコ湾岸地域に出現しました(紀元前1500年頃~400年頃)。のちに栄えるマヤ文明やアステカ文明を生み出したオルメカは、古代メソアメリカにおける「母なる文明」と言われています。

一方、縄文文化の起源は約1万5000年前にさかのぼり、中国やトルコなどの東アジアの地域では最も早くから土器の使用を始めていたと考えられる土器が見つかっています。古代メソアメリカにおけるオルメカ文化と、日本の縄文文化の両文化を両国における「母なる文化」と捉え、その類似点・相違点を考察しながら共同研究テーマを検討しました。

また、現在京都大学総合博物館で開催中の特別展「火焔型土器と西の縄文-Jomonesque Japan2017-」を見学しました。会場では、冨井眞先生(京都大学文化財総合研究センター)にご案内いただきながら、火焔型土器についての知識を深めることができました。ロベルト先生も縄文土器や遺物についてはもちろんのこと、展示方法や環境設定など博物館についても熱心に質問されていました。

実は、ロベルト先生と南先生は今回が初めてではなく、2010年に日本で開催された「古代メキシコ・オルメカ文明展」で既に一緒にお仕事をされた同志なのです。「いつか縄文土器展覧会をメキシコで!」というのがロベルト先生と南先生の夢だそうですが、その夢が叶う日は果たして来るのでしょうか?!(思いのほか早くにやってくるかもしれません。。笑
  • 講演会の様子
  • 講演会後、質疑応答およびディスカッションの様子
  • 左から冨井先生、市川先生、ロベルト先生です。「この火焔型土器の正面はどこか?」について考え中です。

Page top