ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS

お知らせ

2019/05/11 15:40:00 国際文化資料館3階コレクション展示室がオープンします!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by諸伏
この度、京都外国語大学国際文化資料館では、3階コレクション展示室5月13日(月)よりオープンいたします!

本日11日(土)はオープンに先駆けて、開会式と内覧会を行いました。
内覧会では理事長先生をはじめ、関係者の方々に貴重な資料を見ていただくことができました。

3階コレクション展示室では、2016年12月にいけばな小原流よりご寄贈いただきました「小原豊雲コレクション」の中から土器、木製品、貝製品、金属製品、織物具など219点と染織資料45件を展示いたしました。

「小原豊雲コレクション」は、故小原豊雲三世家元(1908〜1995年)が70年に渡り収集された古代美術と工芸資料からなります。とくに古代アンデスの美術品の収集には積極的だったため、寄贈されたコレクションでも「アンデスを主として中南米地方の秘宝・美術工芸品」とされていた資料が多くをしめます。

国際文化資料館の新たな収蔵品となりました、古代アンデスを中心とした中南米の古代資料をお楽しみください。

なお、資料館初の試みとして3階エントランスギャラリーではオープニングムービーを流しております!
ぜひこの機会に、国際文化資料館へお越しくださいませ。

スタッフ一同お待ちしております。




  • テープカットも無事に執り行うことができました
  • 3階コレクション展示をご覧いただきました
  • 4階常設展示もご覧いただきました

2019/04/11 15:20:00 コスタリカ共和国の博物館より展覧会のお知らせです!

  • Categoryお知らせ
  • Posted by植村まどか
 みなさんこんにちは!いよいよ本学でも新学期の授業が始まり、学内もすっかり賑やかになりました。昨日から肌寒い日が続いておりますが、寒さに負けずに団子片手にお花見に繰り出したいものですね!国際文化資料館前の桜の木もとても綺麗に咲いています!そんな国際文化資料館は現在休館中ですが、4/22(月)より常設展をオープンいたします。GO嵐山!GO鴨川!GO GO国際文化資料館!

 さて、昨年10月に当館で開催された写真パネル展『コスタリカの魅力~先スペイン期古代文化と自然環境~』は皆さまのご記憶にも新しいことと存じます。そんなコスタリカの博物館3館より、嬉しいお知らせをいただきましたので、ご紹介させていただきます!

--------------------------------
 コスタリカ共和国では、昨年の京都外国語大学国際文化資料館と共同開催された写真パネル展をもとに、コスタリカ国立博物館、コスタリカ中央銀行博物館、ヒスイ博物館の3館が連携する「Paseo de los Museos」の活動の一環として、特別展「Naturaleza y ritualidad en los pueblos precolombinos (先スペイン期先住民社会における自然と儀礼)」を以下のとおり開催する運びとなりました。

「Naturaleza y ritualidad en los pueblos precolombinos (先スペイン期先住民社会における自然と儀礼)」
期間:2019年4月5日~2019年6月16日
場所:ヒスイ博物館(コスタリカ共和国サンホセ州サンホセ市)

コスタリカ国立博物館館長 ロシオ・フェルナンデス
コスタリカ中央銀行博物館館長 ヴィルヒニア・バルガス
ヒスイ博物館館長 ラウラ・ロドリゲス
--------------------------------

 本展覧会は、国際文化資料館で開催されたパネル展のデータをもとに、パネルに使われた考古資料のオリジナルを展示しています。昨年の展覧会およびシンポジウムの成果がこのような形で継続・発展していることを資料館一同喜ばしく思っております。

 展覧会会場となっているヒスイ博物館Facebookでも会場写真やラウラ館長のご挨拶ムービー(スペイン語)などが公開されていますので、興味のある方はぜひこちらもご覧ください!

  • 展覧会ポスターも届きました!資料館に掲示しております!

2019/04/04 15:40:00 理事長・総長 森田嘉一先生 ご来館

  • Categoryお知らせ
  • Posted by門脇景子
 先日4月2日火曜日、国際文化資料館に本学の理事長・総長 森田嘉一先生がご来館されました。
3月30日まで開催していた第10回京の匠展 写真パネル展「ブータン王国〜人とわざの交流記〜」を御覧いただきました。南博史館長と学芸員の西村由喜子先生が会場をご案内いたしました。総長先生は一つ一つの写真をとても熱心に観てくださいました。ハンズオンの資料として展示していた “国際文化資料館”と書かれた手作りのマニ車を「ご利益はあるかな?」と楽しそうに回されました。
ケサン王女からのメッセージをじっくりご覧になり、以前王女がご来日された際のお話や今後のブータンとの交流について話が弾んでいたようです。
その後、新しくリニューアルされ5月13日にオープン予定の国際文化資料館展示室(10号館)3階をご見学いただきました。改装前にあった総長先生のお部屋の事を懐かしく思い出されていたのが印象的でした。

2019/01/24 16:00:00 休館のお知らせ

  • Categoryお知らせ
  • Posted by西村
こんにちは!寒い日はネコとずっと戯れていたい西村です。
インフルエンザが猛威を振るっておりますが、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

12月17日(月)から開催していた2018年度学芸員課程修了展「イスラーム展 ~クルアーンを中心に紡がれる日常生活のかたち~」は、1月19日(土)、盛況のうちに閉幕となりました。また、ワークショップ「ヘナタトゥー体験」も2回開催し、ともに無事に終えることができました。
ご来館いただいた方々、ご参加いただいた方々、誠にありがとうございました。

次回は、2月12日(火)より、第10回京の匠展を開催します。これまで、京の文化財修復や防災に携わる匠の技をご紹介してまいりましたが、今回は、「ブータン王国~人とわざの交流記」と題して、京の匠がみたブータンを写真パネルでご紹介します。みなさまに楽しんでいただけるよう、体験コーナーなども開設予定です。

その準備のため、国際文化資料館は、1月21日(月)~2月11日(月・祝)を休館とさせていただきます。

開催までご不便をおかけしますが、どうぞお楽しみにお待ちください。





2018/07/21 07:50:00 オリジナル浴衣デビュー

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
館長の南です。
 7月16日は祇園祭の前祭宵山。山鉾巡行を控えてまちなかは今年もたくさんの人でにぎわいました。そして、この日は国際文化資料館、学芸員資格課程、公共政策ゼミがお手伝いをしている龍池学区まちつくり委員会の「たついけ浴衣まつり」でした。龍池学区は、京都のまちなかにあって京都の着物産業の中心地でした。そして、今も多くの関連の会社やお店があります。
 まちのみなさんにあらためて龍池の歴史と文化を知ってもらうために3年前から祇園祭前祭宵山の日に、学校のあった龍池マンガミュージアムのグラウンドで「龍池浴衣まつり」を開催しています。
 この祭りで毎年演奏していただく祇園祭後祭の休み山「鷹山」の囃子方ののみなさんにも、先日2022年に巡行復帰を目指すことを発表されたこともあって、一段と熱のこもった演奏を披露していただきました。
 さて、今年は学芸員資格課程のみなさんに、京都外大国際文化資料館オリジナルの浴衣を着てもらいました。これは学生諸君に「着物」(日本の歴史・伝統文化の資料としても博物館でも多く収蔵されています)を勉強してもらう目的と、龍池のまちの伝統を再発見する意味も込めて龍池の方々のお力を得て作りました。この日がデビューです。
 今後はこのような機会に着るとともに、資料の取り扱いを学ぶ資料として長く大事にしていきたいと思います。
 皆さん!いかがですか!着てみたいという人はぜひ資料館または南まで!!!
  • 祇園祭「鷹山」囃子方の演奏
  • 学芸員資格課程、南ゼミ生には全員浴衣を着て参加してもらいました
  • 鷹山のちまき売りのお手伝いをしています

Page top