ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS


2018/12/07 02:30:00 京都・大学ミュージアム連携台湾合同展いよいよ展示開始!

  • Category館長ブログ
  • Posted by館長
みなさん館長の南です。
 資料館では12月17日の開会に向けて、今年度の学芸員資格課程修了展の準備が進んでいますが、海を渡った台湾は台北市でも国際文化資料館の収蔵品も含めた京都・大学ミュージアム連携合同展『京都好博學 UNIVERSITAS!』の準備が始まりました。
 会場は、国立台北教育大学付属の北師美術館です。台北からの写真が届きました。会場外周りの飾り付けがほぼ終わったようです。なかなか恰好いいですね~。展示室の様子は・・・残念ながらまだ公開できません(楽しみに)。
 なお、8日からは資料館学芸員西村さんが展示作業のために台湾へ向かいます。私は12日夜から台北に向かます。そして、14日の開会式にたちあってから15日朝に帰国し、15日午後に予定している修了展開会式に参加します。
 なお、今回の台湾展の会場では畳のスペースがあるということで、ここを使わせていただいて本学学芸員資格課程履修生によるワークショップを12月26日に開催します。浴衣体験、お茶のお点前、そして昔遊び体験です。
 ということで資料館メンバー、学芸員資格課程履修生は大忙しの12月です。みなさん!国際文化資料館と台北北師美術館の展覧会をお楽しみに!
  • 美術館正面の看板
  • 大学正門前に設置された看板
  • 大学正門前に設置された看板

2018/12/06 15:50:00 第36回国際文化資料館研究会・合同報告会

  • Category資料館研究会
  • Posted byイルファン・マツモト
こんにちは。気付けば11月も終わり、と書いていたら12月になっていました。あっという間に年末ですね、早い。
本日は11月19日に行われた第36回国際文化資料館・合同報告会の模様を書き綴りたいと思います。
今回は参加者6名の内、4名から発表がありました。
各研究会のタイトル、発表者は下記の通りです。

【中米考古学研究会】
タイトル:「プロジェクトマティグアス コミュニティミュージアム展示・設備案~2018年春期アンケート調査結果をふまえて~」
発表者:杉岡明日香、竹林麻衣(スペイン語学科4年次)

【特別編 夏季ウズベキスタンフィールドワーク】
タイトル:「2018年夏季ウズベキスタン参加報告」
発表者:村田翔(スペイン語学科3年次)

【イスラーム文化研究会】
タイトル:「卒業論文概観~進捗報告と今後の展開~」
発表者:松本拓也(英米語学科4年次)

最初に中米考古学研究会から、春期アンケートの調査結果を踏まえたコミュニティミュージアムでの展示、設備案について発表がありました。参加者からの質問により、案として出ていたどういうものが「地元の手工芸品」となり得るのか、本当に必要な設備とは何かが次春期調査の課題として出ました。今後もプロジェクトマティグアスから目が離せませんね。

次に夏期休暇中に行われた本学初のウズベキスタンでのフィールドワーク(FW)の模様を、参加者の一人である村田くんが発表してくれました。FWと雖も調査を行うには至らず旅行のような観光のようなものになってしまったのかな、という印象でした。何分今回が学生を連れての最初の訪ウズベクという事で仕方がないのかとも思いましたが、参加した学生にも、来期以降参加する学生にも有意義な訪問であることを期待します。

最後に私から卒業論文の進捗報告を自身に発破を掛ける意味でさせていただきました。テーマは単純なパレスチナ問題ではなく「カリフ制再興によるパレスチナ・イスラエル間和平プロセスの一考察」と発表中も馴染み無い言葉ばかりの説明で分かりやすさに欠けてしまったな、と素直に反省しました。

次回の第37回国際文化資料館研究会・合同報告会は以下の日程で開催予定です。
今年度から開催日時・場所が変更いたしました。お間違いなきようお願いします。
開催日が近づいたら国際文化資料館Facebookからも詳細をお知らせします。

日時:2019年1月21日(金)15:40~17:20(4限目)
会場:5号館 R521教室

※研究会に所属していなくても報告会には参加できますので、お気軽にお越しください。
  • 中米組の2人
  • 初発表の村田くん
  • ボードを使い(態度も)大きく発表する私

2018/12/01 00:30:00 今年最後の越前熊谷フィールドワーク

  • Category越前
  • Posted by館長
館長の南です。
 久しぶりに越前フィールドワークの報告です。
 あっという間に11月も終わります。今年最後の越前フィールドワークを11月24日25日に実施しました。活動のメインは、毎年恒例の古熊谷水田~山際の水路清掃です。雑木林からの土砂や落ち葉が堂ノ前の水田(ここでは毎春田植えイベントが行われます)への水路を埋めてしまいます。今のうちに清掃しておくと、来春の無農薬米作りを続ける若手農業士の井上くんの作業が楽になるということで、毎年初雪が来る前の作業になっています。今年は5名の学生諸君が熊谷の方々と一緒に作業にあたりました。
 この日は福井新聞さんの取材もありました。新年の特集号に紹介いただけるそうです。楽しみですね。
 さらに今回は、来年以降の越前フィールドミュージアム活動に向けたいくつか大事な打ち合わせがありました。一つは、古熊谷里山の活用に向けた意見交換、さらにいよいよ動き出す「越前焼」ものづくり活動に向けた準備です。かなり具体的な話ができました。来年からはコミュニティ・エンゲージメント活動の学生も参加するので楽しみです。
 最後は、越前町織田歴史資料館での学芸員の方々との考古学調査の打ち合わせです。これは5年前に提案した構想の中に組み込んでいたもので、越前焼の故郷である熊谷周辺の考古学調査を越前町や福井県の専門機関と連携して進めていくことになります。
 ということで今年も熊谷、古屋、増谷の西三区のみなさんには大変お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
 最後に!学生のみなさんが「くまだん畑」で収穫した大根と白菜、そして地区の方にいただいた柿を本学のリブレへ持っていきました。みなさんに少しでも楽しんでいただければ何よりです。
  • 古熊谷での水路掃除と伐採作業を行いました、綺麗になった水路に水が流れるのは来春!楽しみです。
  • 織田歴史資料館での打ち合わせです。来春の考古学調査の打合せです。剣神社の前にあるこの資料館には国宝も展示してあります。
  • 活動のポスターです。リブレに掲示しています。ぜひ発見してください。

2018/10/27 14:30:00 第35回国際文化資料館研究会・合同報告会

  • Category資料館研究会
  • Posted byイルファン・マツモト
こんにちは。すっかり秋めいてきましたね。
歌の時期とは少々ずれていますが、
秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる – 藤原敏行(古今和歌集)
と秋の訪れを肌に感じる毎日です。

さて本日は10月22日に行われた第35回国際文化資料館研究会・合同報告会の模様を書き綴りたいと思います。
今回の参加者は10名で内5名から発表がありました。

【特別編 夏期ベトナムフィールドワーク】
タイトル:「フィールドワークINベトナム」
発表者:大垣愛満・藤原万由美(スペイン語学科3年次)

【中米考古学研究会】
タイトル:「2018年夏期コスタリカ地域事情調査~ディキス地方における遺跡とコミュニティ連携活動について~」
発表者:植村まどか(博士後期課程3年次)、深谷岬(博士後期課程1年次)

【イスラーム文化研究会】
タイトル:「中東の世界遺産~パレスチナにおける価値と各国の思惑~」
発表者:松本拓也(英米語学科4年次)

大垣さん、藤原さんからは、ベトナムでのフィールドワークの様子を伝えてもらいました。ベトナムの博物館は民俗学に比重を置いているようで、展示品の多さ、テーマの広さが特徴のようでした。仏教・キリスト教信仰が強いベトナムにあってホイアンのミーソン遺跡はヒンドゥー教の聖域というのが興味深かったです。

中米考古学研究会からは、博士課程のお姉さん方からコスタリカ、ディキス地方の文化遺産とコミュニティ連携活動の視察、本学と連携して学生がどのような活動ができるかについて発表がありました。英語とスペイン語のパンフレット作成や遺跡の巡回ルートの考案、子どもたちへの教育普及活動などが挙げられました。

私からは、「中東の世界遺産」と題しパレスチナに焦点を絞ってお話しました。世界遺産登録が領土承認と結び付けられると考えるイスラエルやアメリカの主張と対峙するパレスチナ、という別視点のパレスチナ問題を取り上げました。皆さんはどうお考えでしょうか?


次回の第36回国際文化資料館研究会・合同報告会は以下の日程で開催予定です。
今年度から開催日時・場所が変更いたしました。お間違いなきようお願いします。
開催日が近づいたら国際文化資料館Facebookからも詳細をお知らせします。

日時:2018年11月19日(月)15:40~17:20(4限目)
会場:5号館 R521教室

※研究会に所属していなくても報告会には参加できますので、お気軽にお越しください。
  • 発表するベトナム組
  • 発表するお姉さん組

2018/10/24 15:30:00 第14回バス見学会〜2日目:勝山城下町・石谷家住宅〜

  • Categoryイベント
  • Posted by河津
こんにちは。
前回に引き続き、今回もバス見学会の様子をお伝えします。


2日目はまず、勝山街並み保存地区に向かいました。ここは古くから大和と出雲を結ぶ出雲街道の宿場町として、町を流れる旭川の水運で栄えました。江戸時代には勝山城の城下町でした。1985年に岡山県で初めて町並み保存地区に指定され、今では「のれんの町」とも呼ばれています。20年ほど前から町おこしの一環として町の人自ら始めたのがきっかけで、100軒ほどの家の軒先に個性的なデザインの暖簾が掲げられています。倉敷とはうって変わって静かで厳かな雰囲気でした。

その後ちょっとだけ鳥取県に足を伸ばし、智頭町の石谷家住宅に行きました。石谷家住宅は鳥取藩の参勤交代に使われた因幡街道にあり、宿場町の一つでした。敷地3000坪、建築面積641坪、部屋数40室以上の大豪邸です。いまいちピンと来ないので他のもので例えてみると、敷地は野球グラウンドぐらい、建築面積は競泳用の50mプールよりもひと回り大きいほど・・・やはり広いですね。建物には杉や栗など、石谷家所有の山から遠くの県まで各地の木材がふんだんに使用されています。案内の方の説明に、学生たちやたまたま一緒になった年配の方も感心していました。


来年度も学生や一般参加者に楽しんでいただけるようなバスツアーを企画しますので、みなさんのご参加をお待ち申し上げます。

  • 他では見られないユニークな郵便局柄の暖簾。これら全て住人たちによる手づくりだそうです。
  • ちょうど私達が来る前の日に「勝山喧嘩だんじり」が開催されていました。
  • なんと天井までの高さがビルの3階ほどだそうです。高ーーーーーーい!!!

Page top