ページの先頭です。ページの本文へ

国際文化資料館ブログ RSS


2018/09/18 18:40:00 ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査~世界遺産ホイアン

  • Category館長ブログ
  • Posted byミナミ
館長のミナミです。
 国際文化資料館の南が研究代表の「第1回ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査」は、9月10日台風とタンカー事故で閉鎖中の関空に替わって、羽田着で全員無事に帰国しました。旅行社の的確な手配もあって延泊することなく帰国できました。
 さて、ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査の最後は、ホイアンとフエ。どちらも世界遺産のまちです。
 とくにホイアンは今回の調査の目的のメインで、ホイアンの世界遺産の街並み保全と活用について調べる(とりあえずは見て歩くだけですが)ことでした。ホイアンは16世紀広南国の外港として栄えました。川に面した古民家の並ぶ旧市街が世界遺産に指定されています。この周辺は、車通行できないエリア(バイク多いので安心はできませんが)になっていて、木造古民家、博物館等に活用された古民家、市場、お土産屋、カフェ、レストランが並んでいます。来遠橋(いわゆる日本橋。1593年に日本人によってかけられました)も観光スポット。近世初頭、日本人(京都の後藤、田中、茶屋の三家が有名)は活発に東南アジアと交流しました(朱印船貿易)が、ホイアンはその中心地で日本人街もありました。その後、徳川幕府の鎖国政策によって歴史の表舞台からは消えてしまいます。
 しかし、45年前に日本とベトナムの外交関係が樹立されて以来、近年ふたたび日本とのつながりが盛んになっています。2003年以来、毎夏に開催されているホイアン日本祭は、日本からも多くの団体が参加する両国の交流を代表する活動になっているようです。
 こうした活動の背景には、たとえば日本の昭和女子大学の考古学の先生方が20年を越える考古学調査活動を行ってこられたことなど息の長い現地との交流関係があります。国際文化資料館が行っている中米での「考古学と博物館を仲介者とした実践的地域研究」やウズベキスタン「世界遺産ヒヴァにおける住民との協働による持続可能な世界遺産の研究」だけでなく福井県越前町での「熊谷フィールドミュージアム活動」もまだまだこれからがんばらないといけなあと思いました。
 振り返ればあっという間の12日間の調査でした。参加した学生諸君にとっても何かを学んでくれたのではないと期待しています。二名からの参加記については、このあと適宜発信していきます。お楽しみに!!!!

  • シルクロード陶磁美術館から望むホイアンのまちなみ
  • ホイアン日本橋。来遠橋という名称は「友遠方より来る」の詩からつけられた名称だそうです。
  • 夕方、小舟に乗って土器づくりの村を訪ねてきました。帰路はちょうどホイアン名物「灯籠流し」が始まっていてなかなかの雰囲気でした。

2018/09/09 08:50:00 ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査~ダナン

  • Category館長ブログ
  • Posted byミナミ
 南です。さて、ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査の後半は、ダナンとホイアンです。
 ダナンは急速に発展している中部の中核都市です。ベトナム有数の港湾都市でもあります。とくに2017年には第25回APECが開催されて注目されました。また、リゾート開発が盛んできれいな海と砂浜で日本人観光客も増えているようです(海にタッチしてきました)。
 この町の歴史は古く、紀元後2世紀ごろの古代チャンパ王国に始まるようです。町にはチャンパ彫刻博物館があって、約800年続いたチャンパ文化のさまざまな彫刻を見ることができます。ミナミはガルーダがお気に入りです。
 さて、ほかにはダナンの歴史民俗を展示するダナン博物館、現代美術を展示するダナン現代美術館を見学しました。ハノイでも感じたことですが、どの博物館も少数民族の文化を何らかの方法で展示しているようです。考古学、歴史だけではなく、現代美術からもとえりあげています。もちろん展示の仕方などにはまだまだ課題はあるように思いますが。ベトナムの博物館の役割として位置づけられているのではないでしょうか。。
 さあ、最後はホイアンです。学生諸君もがんばって調査を手伝ってくれました。その報告は次回!
  • 綺麗な海と長い砂浜が続きます。まだまだ観光客も少なく。穴場ですね。おっと、決してリゾートはしていません。海にタッチしてきました。
  • ダナン現代美術館のお気にいり。銅版画です。学生諸君もお気に入りを探してくれました。また、紹介してもらいましょう。
  • チャンパ彫刻博物館のお気に入り「ガルーダ」。なかなか見ごたえのある作品が並んでました。みんな重そう・・・。学芸員としては動かしたいけれど動かすのが難しい作品の一つです。

2018/09/06 04:30:00 ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり調査開始

  • Category館長ブログ
  • Posted byミナミ
 みなさんこんにちは!館長の南です。やっとコスタリカから・・・ではなく、ベトナムからの発信です。大きな台風が関西に大きな被害を与えましたが、みなさんのところ大丈夫でしたか?壊れかけた壁や倒木などなど、これからも十分注意してくださいね。
 さて、このたび急遽ではありますが、国際文化資料館と南が中心となって「ベトナム世界遺産と博物館によるまちづくり」をテーマとした博物館研究を開始しました。
ベトナムについては、南が考古学と博物館に関するテーマから大変興味を持っていた国です。みなさんもご存知のことかもしれませんが、日本の安土桃山時代~江戸時代初期にかけて、日本とくに京都の商人(田中、後藤、茶屋の3家が有名)が活発に東南アジアで貿易をしていました。ベトナムはその中心の一つです。近年、日本の大学の手による現地に作られた日本人町の考古学調査も行われてきており、とくに中部のホイアンではそうした成果がまちづくりや観光産業などに結びついています。
 今回、ちょっとしたきっかけがあって、アジアでも「考古学と博物館を仲介者とした実践的地域研究調査」を行うことになり、ベトナムを候補にしました。
 調査は8月30日から9月9日まで。急なことでもあったので第1回として今回は、首都ハノイと中部のダナン、ホイアン、フエの世界遺産や博物館を見学しながらまちづくりとの関係を見ることにしました。
 そして、この調査に学芸員資格課程履修生3年の藤原万由美さんと大垣満美さんが参加してくれています。二人ともスペイン語学科ですが、今回の調査に興味をもってくれました。また、機会を設けて調査の感想などもこのブログから発信してもらおうと思います。
 私たちは今ダナンにいます。調査はちょうど中間を過ぎたところ。前半はハノイで国立歴史博物館、ハノイ博物館、ベトナム民族学博物館のほか、世界遺産のタンロン遺跡、また陶器づくりで有名なバッチャン村を訪問しました。どこもみんな立派な博物館と豊かな資料が展示されていて大変面白かったです。個々の博物館については、またあらためて報告します。
 それでは短い間ですが、ベトナムからの報告をお楽しみください。
  • 今回調査に参加してくれた藤原さん(左端)と大垣さん(私の隣)です。間の彼女は、偶然ハノイ空港で迎えを担当してくれたりんさん。彼女はハノイ大学のなんとスペイン語学科の3年生!藤原さん大垣さんと同じでした。日本への留学を目指しています。
  • 国立歴史博物館。1910年に建てられたそうです。展示はオーソドックスですが、多言語対応のパネルもあって展示の見直しも適宜されているようです。
  • 屋内と屋外に展示があって大変おもしろい博物館でした。ベトナム文化を象徴する少数民族が丁寧に展示されているのが印象的でした。野外展示もこのように立派です。

2018/08/18 02:30:00 文化財ドック東京に参加しました

  • Categoryイベント
  • Posted by館長
館長の南です。
 夏休みも3分の1が終わったころでしょうか。みなさん楽しんでいるだろうなあ!えっ私?私は7月後半から8月は、地震や大雨、そして災害的暑さの影響もあって、夏休み開始ぎりぎりまで補講、補修。さらにゼミ合宿、成績提出と追われていました。その後は、恒例の越前熊谷の夏の合宿!楽しかったです~。この話はまた!
 さて、ということですっかり報告が遅れましたが、文友会の第20回文化財ドックが、7月21日に東京は有楽町の朝日新聞ホールで開催されました。5年前の第10回を同じホールで開催しましたので、2回目の東京での開催です。
 東京では、文化財ドックのメイン事業の「未指定物件の修理相談会」と対象を子どもに限定した「京都 匠の技を学ぼう」ということで、「匠の体験コーナー」と各匠の仕事内容や道具などの展示会を4組に分かれた子どもたちが、4回に分かれてそれぞれ回るというものです。計192名の子どもたちと、その保護者の方々があわせて400人を越える参加者がありました。
 そして、今回も学芸員資格課程履修生とOB生は、「体験コーナー」のお手伝いと「文化財ってなあに?」を担当しました。「体験コーナー」では「うちわづくり」、「苔玉づくり」などを手伝っていました。学生諸君は彼ら自身が初めてのことだったにも関わらず、子どもたちに一生懸命教えていた姿は、「学芸員のタマゴ」としてなかなか頼もしかったです。ほとんど1日立ちっぱなしでしたから疲れたと思います。
 また、「文化財ってなあに?」では、学生諸君が一生懸命準備したパネルを使って、子どもたちに「文化財」がなぜ大切なのか、文化財を守るために「匠」の人々が働いていることを「紙芝居」風に伝えました。文友会のキャラクターである「文化財ドッグくん」が助っ人に参加。学生諸君もだんだん慣れてきて、なかなかの出来でしたよ~。子どもたちもすごく楽しんでいたと思います。
 皆さん!ほんとうにお疲れさまでした!!!
 なお、この「文化財ドック」の記事が、8月14日の朝日新聞夕刊に掲載されています。ぜひご覧ください。

  • 文友会全員集合!!!文化財ドック君も一緒に。さあ、がんばろ!!!
  • 体験コーナーのあちこちで赤い「国際文化資料館ブルゾン」を着た本学メンバーが大活躍でした
  • 「文化財ってなあに?」のワンシーンです。あ!!館長もいますね。私は「文友会」の法被を着ています。

2018/07/21 07:50:00 オリジナル浴衣デビュー

  • Categoryお知らせ
  • Posted byミナミ
館長の南です。
 7月16日は祇園祭の前祭宵山。山鉾巡行を控えてまちなかは今年もたくさんの人でにぎわいました。そして、この日は国際文化資料館、学芸員資格課程、公共政策ゼミがお手伝いをしている龍池学区まちつくり委員会の「たついけ浴衣まつり」でした。龍池学区は、京都のまちなかにあって京都の着物産業の中心地でした。そして、今も多くの関連の会社やお店があります。
 まちのみなさんにあらためて龍池の歴史と文化を知ってもらうために3年前から祇園祭前祭宵山の日に、学校のあった龍池マンガミュージアムのグラウンドで「龍池浴衣まつり」を開催しています。
 この祭りで毎年演奏していただく祇園祭後祭の休み山「鷹山」の囃子方ののみなさんにも、先日2022年に巡行復帰を目指すことを発表されたこともあって、一段と熱のこもった演奏を披露していただきました。
 さて、今年は学芸員資格課程のみなさんに、京都外大国際文化資料館オリジナルの浴衣を着てもらいました。これは学生諸君に「着物」(日本の歴史・伝統文化の資料としても博物館でも多く収蔵されています)を勉強してもらう目的と、龍池のまちの伝統を再発見する意味も込めて龍池の方々のお力を得て作りました。この日がデビューです。
 今後はこのような機会に着るとともに、資料の取り扱いを学ぶ資料として長く大事にしていきたいと思います。
 皆さん!いかがですか!着てみたいという人はぜひ資料館または南まで!!!
  • 祇園祭「鷹山」囃子方の演奏
  • 学芸員資格課程、南ゼミ生には全員浴衣を着て参加してもらいました
  • 鷹山のちまき売りのお手伝いをしています

Page top