ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS

2022/07/15 09:40:00 気持ちに関する絵本の紹介

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室

嬉しい、楽しい、おもしろい、悲しい、怖い…など私たちはさまざまな気持ちを抱えながら日々を過ごしています。気持ちを表現する言葉はたくさんありますが、なかには、なんだかモヤモヤする、この気持ちをどうやって表したらいいんだろう・・・?と思うこともあるかもしれません。今回は、気持ちに関する絵本を紹介したいと思います。

【<きもち>はなにをしているの?】という絵本です。この絵本の中では『〈よろこび〉は、トランポリンでとびはねる。〈ふあん〉は、びくびく、ジャグリング。』(本文より抜粋)などいろんな気持ちを身近な体験を通して表しています。絵も素敵ですよ。

なるほど~!としっくりくる表現がたくさんありました。もしかしたらわかるようなわからないような…といったものや自分にとってはちょっと違うかもしれないと思うものもあるかもしれません。その場合は、自分だったらどんな風に表現するかなと考えてみるのもいいかもしれないですね。

気持ちに名前をつけると少し距離が取れ、自分の感情に巻き込まれにくくなります。複雑な感情がごちゃごちゃと絡まっていたり、自分の気持ちがよくわからないときはゆっくり気持ちを整理していくことが必要かもしれません。

学生相談室ではカウンセラーと一緒に抱えている気持ちについて考えたり、整理したりすることもできます。気分が晴れない、気持ちがモヤモヤしてすっきりしないことが続いているなど、気になる様子があればお気軽に学生相談室をご利用ください。


●絵本の情報●
〈きもち〉はなにをしているの?
ティナ・オジェヴィッツ 文
アレクサンドラ・ザヨンツ イラスト
森 絵都 訳

2021年発売
河出書房新社

参考:河出書房 書籍の紹介ページ
  • いろんな日、いろんな気持ちがありますね。

Page top