ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS

2021/12/08 10:20:00 【障害者週間コラム④】障がい学生の声(後半)

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。
障害者週間コラム第4回目「障がい学生の声(後半編)」です。
前半では車いすを使っている学生、点字を使って学んでいる学生の声をお届けしました。
後半では、外から一見分かりづらい障がいのある学生の声をお届けします。

*Cさん*
いつも明るく元気でマイペース。とにかく頑張り屋で時々おっちょこちょい。情報が多すぎると処理が追いつかず、すぐに焦ってしまい、普段できることが出来なくなることがよくある。

支援を受けていない頃は、空気を読んで当たり前、人と仲良くできて当たり前と言われることが多くて、しんどくて自分を責めることが多かった。当たり前なのはわかるけど、それができなくて、どうしたらいいか分からなくて、どうしようもなかった。

診断を受けて、うまくいかなったことはこういう特性があったからということ、周囲はそうではないってことに気づいた。また、支援を受けるようになり「どうしてほしい?/どうしたい?」って聞かれることが多くなり、自分と向き合う時間が増えた。

*Dさん*
ゲームや音楽を聴くことが好き。趣味のゲームや大学のレポートでも、興味あることは没頭して細かい部分まで調べたくなるし、調べたことは大体覚えている。

細かい部分にこだわりすぎて全体が見れない。マルチタスクや時間の管理などが苦手。ゲームならのめり込みすぎて気づいたらとても時間が過ぎていた、レポートなら本筋から脱線して結論で書きたいことがバラバラになってしまうとかがある。

前は、普通の人と同じように生きたい、なりたいと思ってあれこれやっていたらしんどくなって定期的に熱を出すことがあった。支援を受けるようになって、自分のキャパシティや苦手なところも分かり、自分の中で整理がついた。また、服薬を始めて、睡眠リズムが整ったり、集中ができるようになったりした

*Eさん*
愛犬(トイプードル)と遊ぶことが好き。あつ森(あつまれ どうぶつの森)や化粧にすごくはまっている。車種や車のナンバーを覚えるのが得意。

大きくなって診断を受けていたと聞かされたとき、最初は分からなくて何も思ってなかったけど、あとからショックがきた。私って「障害者」なの?って。自分じゃなければいいと思った。治せるなら治そうと思って治し方を調べまくった。手術でもなんでも。「障害」って言葉の重みが大きかった。受け止められるなら受け止めるけど、今はまだ受け止められていないと思う。受け止めるには時間がかかるのかなと。

前は、学校に友達がいなくて一人でいることが多くて孤独だった。信用できる人がいなかった。大学に入り、支援を受けたり、支援室を利用するようになって、悩みを打ち明けたり、逆に悩みを打ち明けてくれる先輩や同級生ができた。まだうまく言葉にはできないけど共有できる部分が多くなった。

2回にわたって様々な学生の声を紹介してきました。
障害者週間コラムに声を寄せてくれた学生のみなさんありがとうございました。

Page top