ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS

2021/06/15 10:20:00 「サブリミナル効果」と大学に来ることの意義

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
 みなさんは、「サブリミナル効果」というものをご存知でしょうか。
有名な例としては、映画の途中に、人が気づかないくらいのとても短いコーラの広告を入れておくと、観客はその広告を見たことに気づいていないのに、コーラの売り上げがいつもよりも上がるというような現象のことです。この例のように、私たちが意識化していない多くの情報が、実は私たちの行動に影響を及ぼしているということが、心理学の実験によって明らかにされています。(詳しく知りたい人は、下條信輔著『サブリミナル・マインド』を読んでみてください)

 私たちは普段、例えば映画を見たあとにコーラを買うというように、数多くの選択をしながら生きていますが、自分で決めたように感じているその選択も、実は自分が意識していない情報の影響を受けているというのは、どこか怖い感じもしますね。でも、自分が意識できることだけで人生が成り立っていたら、面白味もなくなってしまうんじゃないかとも思います。私たちは常に五感で大量の情報を受け取っていますが、意識化できるのはそのうちのほんの一部です。しかし、意識化していない部分は全くの無関係ではなく、それらの情報も私たちの経験を作り上げるのに一役買っているのです。

 コロナ禍によって、外に出ることが少なくなり、大学の活動も制限されて、オンライン授業も特殊なことではなくなりました。オンライン授業はとても便利ですが、画面の中だけで完結する授業形式では、サブリミナルな情報の大部分がカットされてしまうとも考えられます。授業の達成目標のためにはむしろその方が効率的なんだろうと思いますが、普段はいちいち意識化していないような一見「無駄」な部分も、実は私たちの人生に影響を及ぼしていると考えると、わざわざ長い時間をかけて大学に行き、いろいろな刺激がある中で授業を受けるのも悪くないのかもしれません。

 また、大学生活の中でいろいろと悩みを持つこともあると思いますが、悩むことも無駄なことでは全くなくて、むしろ今後の自分の人生を豊かにしてくれるものだと思います。でも、悩みを一人で抱え続けるのは大変なことなので、しんどいときは遠慮なく学生相談室に連絡してもらえたらと思います。


Page top