ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS

2018/12/10 18:00:00 講演会を開催しました

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。急に寒くなりましたが、風邪などひいていませんか。

先日の講演会にはたくさんの方にお越しいただきありがとうございました。授業で参加できなかったという学生さんもいたので、今回は少し講演会の内容をお伝えできればと思います。

講演は「視覚障がい児者の教育と生活」というテーマで、元府立盲学校で教員経験のある竹下(支援室のコーディネーター)が講師を務めました。

講演の内容は多岐にわたり、盲学校(視覚特別支援学校)の歴史や盲学校の中で行われている教育の話、視覚障がいの説明、視覚障がいの方の生活を支える「点字」、「点字ブロック」、「白杖」の話の他、誘導の仕方や声のかけ方などの具体的なお話もありました。
 
実は、京都が盲学校の発祥の地だということや、一言で視覚障がいと言っても、見え方、見えにくさは人それぞれ違うということを、今回の講演を聴いて初めて知ったという学生さんも多かったです。

また、アイマスクをつけて点字を読む体験もしましたが、そもそも渡された用紙の上下が分からなかったり、点字を指でまっすぐ追うことや指先で点字をとらえることがとても難しいということが分かりました。なので、視覚障がいの学生さんがすらすらと点字を読み上げた時にはフロアから驚きの声が上がりました。

講演後のアンケートには、
・実例や体験もあったのでより理解しやすかった。
・実際にアイマスクをつけて点字を読むのは、とても難しくて全く分からなかった。
・以前、目の不自由な方を駅で案内した時に非常に喜んでもらったので、これからも積極的に手助けをしたい。
・当事者の学生さんとのコラボという構成で、内容がより身近に感じられた。
・教えていただいたサポートのポイントを活かせる機会があるといいなと思った。
などの、感想が寄せられました。

今後もこのようなイベントを継続して開催したいと考えています。ぜひまたご参加ください。
  • 講演会の様子
  • 点字のプリント(なんて書いているでしょう)
  • 点字のプリント(こたえ)

Page top