ページの先頭です。ページの本文へ

健康支援課スタッフブログ RSS


2024/01/30 18:10:00 「自分を知るための手軽なテストとの付き合い方」

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
 皆さんはMBTI(性格診断)をインターネット上で試したことはあるでしょうか。ここ最近(2023年12月時点;現在は違う名称で公開されているかもしれません)、インターネット上の記事やニュースでも、10代や20代でも流行していると紹介されることが増えています。実際のところ、皆さんの周囲ではどうでしょうか。MBTIは人の性格を16タイプに分類できるというものです。そのわかりやすさと、オンラインで無料で手軽に受けることができる点が魅力的なのかもしれません。ところが、正式なMBTIの権利を有する一般社団法人日本MBTI協会からは、インターネット上でMBTIと称するテストは正式なMBTIではない、と注意喚起がなされています。詳しくはこちら
そうなると、インターネット上でMBTIとして性格を調べることができるサイトやそのテストは、いったい何を測るテストなんでしょうか。皆さんは、インターネット上でいったい何を受けてきたのでしょうか。さらに複雑なことに、正式とされるMBTI自体も科学的根拠に乏しいことが多くの研究から批判されているようです。こうなると何を信じてよいかわからなくなってしまいますね。ただし、少なくとも正式なMBTI自体は、科学的な検証が蓄積された上で批判がなされているということです。その一方で、MBTIと称してインターネット上で公開されているテストは、何を測定しているのか、測定したいものを本当に測定できているのか、それらが検証されているかどうか怪しいと考えることができます。

 インターネット上ではこういった科学的に検証されていなかったり、検証されているかどうかあいまいなテストがたくさん見受けられます。インターネット上では人の性格を調べるテストだけでなく、心理テストと称して、自分のストレス、IQ(知能指数)、EQ(情動知能)などを測定できるなど様々なテストが公開されています。また特定の心の病気や障害に自分が当てはまるかどうかをチェックできるテストなども公開されています(うつ病、発達障害、パーソナリティ障害など)。実際はこれらのテストは、独自に作成されていたり、科学的な検証を経ていなかったり、妥当性の怪しいものが大半です。「科学的」を装っているものもありますので、まったく疑っていなかった、という人もいるかもしれません。しかし、こういったテストの結果を鵜呑みにして、自分を理解したり、何か判断を下すのは避けたほうがいいでしょう。

 このような心理テストが世の中で流行したり、話題になったりするのは、それだけ人が自分や他人の性格や心に関心がある、ということを反映しているのではないでしょうか。学生の時期は、対人関係や就職活動などきっかけに自分について思い悩むこともあります。自分ついて考えたり、知りたいと思うときに、学生相談室の利用をぜひ一つの選択肢として考えてみてください。

2024/01/11 15:00:00 ランチタイム点字講座を開催しました!

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
11月28日、12月12日、19日の3日間、ランチタイム点字講座「あなたの知らない〇の世界」を開催しました!今年は学生サポーターだけでなく、一般の学生からも参加者を募集し、延べ26名の参加がありました。参加者のお2人から感想をいただいたので、皆さんにご紹介します。

Aさん
今回の講座を通して初めて点字について学びました。点字には難しい印象をもっていましたが、学んでみると思ったよりも簡単で、楽しく点字を打つことができました。外国語も点字で表記できることや点字の歴史など、とても興味深い内容で、講座に参加して良かったと感じています。今まで様々な場所で点字表記を見てもよく分からず気に留めることはありませんでしたが、講座終わりに階段の手すりにある点字表記を見て習ったことを思い出し、書いてあることを考えました。これからも点字について学んでいけたらと思います。

学生サポーターの有間夕月さん
1回目は点字の歴史や特徴、道具について学びました。2回目は点字の仕組みについて学びました。五十音や濁音、数字、アルファベット全て6つの点の組み合わせによって表せることをなど新しい発見がたくさんありました。3回目はTエディタというPC(Windows)を利用し実際に点字を入力しひらがなに変換し、読み取る練習をしました。指で読み取ることはまだ難しいですが、PCや目で見て形や文字を判断できた時、すごく達成感がありました。

支援室では点字を利用する学生のためにPPTをWordに変換するサポートなども行っています。今後私が作業のお手伝いをするときは簡潔で理解しやすい表現にすることを心がけたいです。

現在点字の表記は様々な施設の設備・案内版などの他、シャンプーのボトルのような日用品まで生活の中にも多く見られるようになってきました。教員を目指している方はこれから視覚障害のある生徒の支援のために点字に接することもあるかもしれません。日本点字委員会のサイトなども利用して、身近にある点字について一緒に勉強してみませんか?このブログが皆さんの点字への興味やきっかけになると嬉しいです。

さて、1月は1月16日(火)に手話カフェが開講されるので興味のある方はぜひ気軽にご参加ください。申し込みはコチラから

  • 点字講座の様子 点字の仕組みについて熱血指導中!
  • Tエディタの使い方練習中 Tエディタの使い方練習中

2024/01/05 18:10:00 ゆるここアワー(12月)ゴロゴロしようの会を開催しました

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
新たな年を迎えましたが、年明け早々、地震や事故が続き、まだまだ落ち着かない中過ごしておられる方もいらっしゃることと思います。
せめて一刻も早く、安全に過ごせる毎日が戻ってくることを願っています。

気持ちが沈む、ソワソワして落ち着かないなど、大きな災害の影響で不安感が生じることは誰にでも起こりえますが、気持ちが不安定な状態が長く続いたり、誰かと話してみたいと思った時は、気軽に相談も利用してみてください。




さて今回のブログでは、12月21日(木)昼休みに開催した「ゆるここアワー」の内容を紹介します。12月開催のテーマは「ゴロゴロしようの会」でした。

9号館6階のイベントスペースにそれぞれヨガマットを敷き、ストレッチや呼吸法を試した後、思い思いにゴロゴロして過ごしました。
何もしないで過ごすのが苦手だったり、気分じゃないな~と感じる人もいるかな?と思い、写真集や絵本など、ぼーっと眺められる本を数冊用意していったのですが、今回は本を手に取る人はおらず、みんな寝転がったり目を閉じて、ゆったりした時間になりました。

「ゆるここアワー」では、これからも、いろいろなテーマを取り上げていきたいと思っています。興味のある方は気軽に参加してください。
お待ちしています。
  • それぞれの姿勢でゴロゴロしました~

2023/12/23 12:50:00 スポーツ観戦の心理

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
もう2023年も終わりに近づいていますが、今年はいろいろなスポーツが盛り上がった1年だったと思います。野球のWBC優勝や、なでしこジャパン・バスケ・ラグビーのワールドカップなど大きな大会がたくさんあり、普段スポーツを見ない人でも試合を見たという人も多いのではないでしょうか。

スポーツというのは、実はこころとのつながりが深く、心理学の分野の中にはスポーツ心理学というものもあるくらいです。
そして、スポーツの心理にもいろんな側面がありますが、今回は「スポーツ観戦」に焦点を当てて、その心理について考えてみようと思います。

・同一化
 スポーツ観戦をしていると、選手たちに自分を重ね合わせようとする心の動きが自然と出てきます。こうした心の動きを心理学では「同一化」と言います。これは特に、自分が応援している選手や憧れの選手に対しては現れやすいでしょう。この同一化の働きによって、試合中の大事な場面では観戦者も自分のことのようにドキドキしたり、手に汗をかいたり筋肉が強張ったりして、あたかも自分がその場にいるかのような感覚になるのです。こうした感覚こそ、スポーツ観戦の醍醐味と感じている人も多いのではないでしょうか。

・他のファンとの一体感
 直接競技場等に足を運んで試合を見る場合、特に応援しているチームがある場合は、他のファンたちと一体になって応援する中で、さまざまな心理的効果が生じると思われます。まずは、同じものを好きな人どうしが集まることによる一体感と、それに伴う高揚感が挙げられます。そして、そうした気持ちは応援歌を一緒に歌ったり決まった身振りを一緒にしたりすることによって更に高められていきます。時々、サッカーチームのファンが暴徒化したというようなニュースを耳にしますが、これは多くの人々が一体化して膨れ上がった感情が、試合に負けることなどによって間違った方向に暴発してしまった結果だと考えられます。いわゆる群集心理というものが発生した結果とも言えるでしょう。

・ギャンブルとの類似性
 このように書くと語弊があるかもしれませんが、スポーツ観戦にはある意味でギャンブルにはまっていく心理と似たところがあると思います。特定のチームのファンなら、自分が応援するチームの勝利を心から願いながら試合を見るでしょう。そうして結果が勝ちなら当然嬉しいですし、負ければ悔しいのですが、必死に勝利を願った末に思い通りに勝ったときの嬉しさや興奮が忘れられず、どれほど弱いチームで負けが込んでいても、「今日は勝つんじゃないか」と思って試合を見るのです。なお、脳科学の研究によると、ギャンブルでは負けた時にもドーパミン(意欲や快感に関わる神経伝達物質)が多く放出されることや、勝つことを期待していること自体が快となることが示されています。後者については、シーズンオフの補強やキャンプの様子などの情報を聞くとワクワクする心理を裏付ける知見かと思います。(このあたりのことについて興味のある人は、岡野憲一郎著『快の錬金術―報酬系から見た心―』を読んでみてください)

以上、スポーツ観戦にまつわる心の動きについて書いてみました。
スポーツ観戦は人の心を熱くするところがあるということが分かってもらえたかと思います。心が熱くなるということにはストレス発散や“幸せ”を感じることにつながる良い面がありますが、入れ込みすぎると逆にストレスが溜まったり誹謗中傷に走ってしまったりすることもありますので、そのような部分には気を付けながら、ちょうどよく楽しんでもらえたらと思います。


  • スポーツ、好きですか??

2023/12/13 11:20:00 弱みが強み

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
秋の恒例イベントとなりつつある某スマホの新製品発表がありました。高機能すぎて使いこなせそうにありませんが、新しい技術にはワクワクさせられます。つい先日にはAIが作成したタレントがTVCMに出演するという話もありました。次はいったい何ができるようになるのでしょうか?

このように人間の代わりにいろいろなことをやってくれる技術が開発されていく一方で、あえて“できない”を研究、開発している人たちもいます。ゴミが拾えないお掃除ロボット、途中でお話を忘れてしまうおしゃべりロボット…。「そんなロボット必要?」と疑問がわいてきますが、これが意外にお役に立つようです。ロボットが落ちている物の周りでウロウロしているとそれを見た人はそれがゴミかどうかを判断してロボットの持つゴミ箱に入れてくれます。ロボットがおしゃべりに詰まると、話を聞いていた人が「〇〇じゃない?」と声をかけてくれ、ロボットが「そうそう!それで…」と話を続けてお話が完成します。そのロボットの持つ“できなさ”が周りの人の“考え”や“行動”を引き出し、結果的に“無理なく協力して何かをなしとげるシステム”が出来上がるということです。
某二足歩行ロボットも、開発当初は完全自立を目指していたけれどうまくいかず、よろめいた時に触れる地面の力を借りるように方針を変更してからあの自由な動きを手に入れた、というのも有名な話です。軽やかに踊ったり走ったりする姿は彼(彼女)だけでできているわけではなかったということですね。

弱みをあえて残すことで何か違う道が開ける、強みに変わっていくことがある。そう考えると自分の“できない”も悪いことばかりではないと思えてきませんか?

Page top