ページの先頭です。ページの本文へ

健康サポートセンターだより RSS


2021/10/11 13:40:00 秋の夜長にこんなドラマはいかがですか?

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
みなさん、こんにちは。授業が始まり2週間が経ちましたね。
まだ新しい生活のリズムに慣れないという人もいるかもしれませんが、ボチボチやっていきましょう。

さて、今日はこの秋始まった新しいドラマを紹介します。
NHKの朝ドラ「おちょやん」で、関東出身でありながら見事な関西弁を披露した杉咲花さん
主演の「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」です。

今回杉咲さんが演じるのは、視覚障がい(弱視)のため白杖を日常的に使っている盲学校の女子生徒です。

ドラマの内容やストーリーについてはいろいろな意見もあると思いますが、先週の第1回目を見たところでは、杉咲さんの演技も含めて、描かれている視覚障がいの人の姿は結構リアルだなと思いました。視覚障がい当事者の皆さんの感想のなかにも、「弱視者の日常あるあるだね!」という声がありました。

第1回目だけでも弱視の人の実際の見え方や「命の次に大事」という白杖の利用、移動の際のガイドの仕方など、ぜひ多くの人に知っておいてほしいなという内容が含まれていたように思います。

原作は漫画で、現在コミックが6巻まで出版されています。
秋の夜長、役者の姿や今後の展開、恋の行方や様々なハプニングも気にしながら、いつもとはまたちょっと違う視点でドラマを楽しむというのはどうでしょう。

水曜日、夜10:00~ 日本テレビで放送中。
ネットでも見ることができますよ。
https://www.ntv.co.jp/yangaru/intro/

2021/10/05 18:10:00 10月10日は「世界メンタルヘルスデー/World Mental Health Day」

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
秋学期が始まりましたね。学生生活では楽しいこともあれば、落ち込むこともあるでしょう。

気分が落ち込んだり、ストレスを感じたりすることは自然なことですし、不調が続くとだれでもこころの病気にかかる可能性があります。けれども、こころの病気は周囲の人に気づかれにくく、自分からも伝えづらいため、回復に時間がかかってしまうことがあります。

そのため、世界精神保健連盟が、1992年より、メンタルヘルス問題に関する社会の意識を高め、偏見をなくし、正しい知識を普及することを目的として、
10月10日を「世界メンタルヘルスデー」と定めました。

厚生労働省や世界保健機関(WHO)がホームページで「世界メンタルヘルスデー」やイベントについて紹介しているので見てみてください。

厚生労働省「世界メンタルヘルスデー2021」
世界保健機関(WHO) World Mental Health Day 2021

からだと同様、こころの不調もはやめの対処が大切です。こころが疲れているなと感じたら、ひとりで抱えずに相談してみてくださいね。

<相談窓口>
京都外国語大学健康サポートセンター学生相談室
厚生労働省「まもろうよ こころ」(電話相談・SNS相談)
TELL Japan(counseling services to Japan's international community)


  • 世界メンタルヘルスデー2021イベント

2021/09/13 15:00:00 【9/29開催】障がい学生のためのキャリアガイダンス(事前申し込み要)

  • Categoryイベント
  • Posted by障がい学生支援室
 涼しい風が吹き始めました。夏休みも終盤に差し掛かっていますが、皆さん元気に過ごされていますか。

 今日は毎年開催している「障がい学生のためのキャリアガイダンス」のご案内です。今年度は、新型コロナウィルスの影響もあり、オンライン(ZOOM)で開催を予定しています。
 就活本番までに必要な準備や、就職活動のポイントが分かるガイダンスです。全学年対象で、障害者手帳の有無は問いません。また、保護者の方の参加も可能です。興味のある方はぜひご参加ください。
             
日時:2021年9月29日(水)12:45~ 
   オンライン(ZOOM)にて実施(※授業等の理由で途中参加・途中退室も可)
内容:1.ガイダンス(60分)
    ・障がい者雇用制度と雇用率の現状
    ・“一般採用”と“障がい者採用”の違い
    ・就職活動のポイント(必要な準備・障害の伝え方・活動方法・就活ツールの紹介)など
   2.アドバイザー個別相談(希望者のみ:1人10分~15分)   
講師:株式会社イフ
   障がい者の就職情報提供を30年以上おこなっている業界のリーディングカンパニー。

【参加申し込み方法】
   下記URLから申し込みをお願いします。申込〆切:9月20日(月)
   https://forms.gle/KtSTHbyx6wctgV5P6
 
【問い合わせ先】
 キャリアセンター 075-322-6017
 障がい学生支援室 075-757-6248 / shien@kufs.ac.jp

2021/08/06 13:20:00 自分の気持ちを知ること、気づくこと

  • Category学生相談室だより
  • Posted by学生相談室
 
 今回は気持ち(感情)について少し考えてみたいと思います。

 うれしかったり,楽しかったり,わくわくしたり。時には落ち込んだり,悲しんだり,腹を立てたり,などなど。日々,人は様々な気持ちを感じているものです。いつもおだやかな気持ちでいる人,何事にもいつも動じずに感情の起伏が少ない人,よく笑ってよく泣いてがモットーの人,どうありたいかは別として,気持ちの表現は人によってさまざまです。同じ状況でも,どんな気持ちを感じて,それを外にどこまで表現するのかは,人によって違い(個人差)があります。また気持ちの表現については,文化差もあると言われています。日本人は欧米圏の人たちと比べて,感情をあまり外に表出しないとよく言われます。また国を問わず,男性は女性よりもあまり感情を表現しないという性差が報告されることも多いです。これは生物的な差というよりもジェンダーの影響が大きいかもしれませんね。

 ポジティブな気持ちは喜ばしいことで,それを感じるのが嫌だという人はあまりいないのではないでしょうか。しかし,ネガティブな感情というと,少し話が変わってきます。できるだけ悲しい思いをしたくない,落ち込みたくはない,腹が立つようなことは避けたいと思う人が多いのではないでしょうか。しかし,人が感じる気持ちというのはネガティブな感情にも,役割があるとされています。怒りは自分の大切な権利が侵害されたことを教えてくれているのかもしれません。不安は自分に何らかの身の危険が近づいていることを知らせてくれているかもしれません。ネガティブな感情であっても,その感情自体を感じることが悪いわけではありません。でも,子どものころに「そんなことで泣くんじゃないの」と言われたことはありませんか。いつの間にか,大人になるにつれて,人はネガティブな感情は感じないほうがいいと思いがちなのかもしれません。ネガティブな感情を感じることが悪いわけではなく,問題なのは強い感情を抱くことで,自分がそれに振り回されてしまうことです。怒りに身を任せてしまって人を殴ってしまったら人間関係は壊れてしまいますよね。心配が強すぎて,何も手につかなくなってしまったら日常生活が立ち行かなくなってしまうかもしれません。

 自分自身が強い感情に振り回されないためには,まず自分の感情をよく知ることが第一歩です。例えば,知らず知らずになんだか気分が沈んでいるなと思ったときに,よくよく振り返ると,あの時にあの人に言われた言葉が嫌だったんだと気づき,少し気持ちが落ち着くことはありませんか。あるいはもやもやした気持ちでいるときに,誰かに話をしていくと,だんだんと気分が上向いたり,もやもやの原因が見えてきたり,といった経験はありませんか。
 
 自分の気持ちに気づいて,誰かに聞いてもらうことや言葉や文章にして外に表現することは,自分の心の安定にとってとても大事なことです。そのためにはまずは自分の気持ちに名前を付けてみましょう。そのときに下記のような本が参考になるかもしれません。この本は気持ちを表す言葉をわかりやすく,かわいい絵で説明しています。子ども向けの本ですが,大人でも参考になると思います。「すがすがしい」「ほこらしい」「うろたえる」「もどかしい」など意外と大人でもうまく説明できない複雑な気持ちもわかりやすく説明がされていますよ。

キム・ヒョウン(2020)清水知佐子(訳)「9歳のこころのじてん」小学館
https://www.shogakukan.co.jp/author/13629

2021/07/28 11:10:00 配慮の必要な学生対象のインターンシップのご案内

  • Category支援室だより
  • Posted by障がい学生支援室
今年度も、京都ジョブパークと連携し「配慮を必要とする学生対象のインターンシップ」を実施することになりました。
 このインターンシップは、支援や配慮を必要とする学生が、実際に企業で働く体験を通じて「社会で働くイメ―ジをつける」「自分の強みや課題を発見する」等の目的で始まり、今年で4年目になります。例年、夏休みに実施していましたが、今年度は新型コロナウィルス感染症の影響で1月~3月に実施する予定です。
 興味のある方は、障がい学生支援室までメールでお問合せください。「実習協力企業(16社)の詳細」を個別にメールでお送りします。

【インターンシップの流れ】
 ①参加申込み
  8月27日(金)までにこちらの申込フォームでお申し込みください。
  申し込みフォーム:https://forms.gle/CyehVS71gGymd7GU9
 ②学内選考
  9月中旬頃に対面またはオンラインで面談します。
 ③オリエンテーション(@京都ジョブパーク)
 ④企業の事前見学
 ⑤実習(最終日ふりかえり有)

【募集人数】
 2名 ※申込多数の場合、学内選考の結果決定します。

【参加にあたっての注意事項】
 1.障害者手帳の有無は問いませんが、実習先企業へ配慮希望事項等を伝えることに
   承諾できる方のみ参加可能です。
 2.京都ジョブパークで行われる事前のオリエンテーションへの出席が必須です。
   尚、オリエンテーション時に京都ジョブパークへの登録を行います。
 ※京都ジョブパーク:https://www.pref.kyoto.jp/jobpark/

問い合わせ先:
 障がい学生支援室 shien@kufs.ac.jp
 キャリアセンター shushoku@kufs.ac.jp

Page top